有料会員限定

コロナで地銀再編に号砲 強豪も動き始める

印刷
A
A

再編に走る第二地銀。新型コロナで第一地銀にも火がつきそうだ。

(bee/PIXTA)

特集「銀行 地殻変動」の他の記事を読む

東日本に本店を構えるある第二地方銀行の幹部は、コロナ禍で世間が混乱していた6月初旬、在宅勤務中の自宅のパソコンで、あるデータを見つめていた。

自行はもちろん、周辺地銀の業績推移をはじめとする財務情報がびっしり詰まったデータだ。この幹部は、コロナ禍の長期化で不良債権が増加して自己資本を毀損した場合、どう動くべきかについてシミュレーションしていたのだ。

政府は、地域経済を支える地銀が機能不全に陥る事態を防ぐため、金融機能強化法を改正。経営責任や収益目標を求めないほか、15年以内とされる返済期限を設けないといった“餌”をぶら下げ、公的資金を注入しやすくした。

だが、かつて注入された際、金融庁から箸の上げ下ろしまで細かく指導された経験から、地銀関係者の間ではアレルギーが強く、「できれば避けたい」(地銀幹部)というのが正直なところだ。

とはいってもマイナス金利でトップラインの伸びは期待できないし、経費率も高止まりしている。そこにコロナ禍が加わり、「再編によって、店舗やATM(現金自動出入機)といったコスト要因を削減するしか生き残る道は残されていない」と考えたのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
銀行 地殻変動
エピローグ
インタビュー/SBIホールディングス社長 北尾吉孝
金融庁が“宗旨変え"で接近
強豪も動き始める
全上場銀行業績を予測
小売り・サービスに多額融資
独自試算 最新決算で浮き彫りに
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
Part3 アフターコロナに待ち受ける時限爆弾
政府出資は時限的が理想
メガバンクトップに聞く/みずほフィナンシャルグループ 社長 坂井辰史
メガバンクトップに聞く/三井住友フィナンシャルグループ 社長 太田 純
三菱UFJを初めて抜いた
店舗とATMの削減が加速
Part2 メガにも押し寄せる地殻変動
インタビュー/三菱UFJ銀行頭取・全国銀行協会会長 三毛兼承
苦しい事業者に付け込む
「地域価値向上会社」を目指す
インタビュー/山口フィナンシャルグループ会長 吉村 猛
「疑似資本」のローンで復活促す
インタビュー/横浜銀行 頭取 大矢恭好
地元企業を支える地銀の覚悟
資本性ローン提供に加え、商社の役割も
地元に根を張る中小・零細企業を救え!
融資合戦の陰で進む
Part1 コロナがもたらす銀行の変貌
銀行 地殻変動
融資膨張の先に待つ「不良債権地獄」の恐怖
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内