サムスン、「TIZEN」をテレビに全面採用

15年発売の全スマートテレビに独自OS搭載

 1月1日、韓国のサムスン電子は2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。2014年9月撮影(2015年 ロイター/Stringer)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は1日、2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。

サムスンのビジュアルディスプレー事業プレジデント、KimHyun-suk氏はロイターとのインタービューで、「われわれは現在、タイゼンに集中的に取り組んでいる」とした上で、「このプラットフォームの拡大につながるエコシステムの構築に向け、他のテレビメーカーも採用することをわれわれは望んでいる」と述べた。

サムスンは長年タイゼンの開発を手掛けてきたが、このOSを搭載した製品は、スマートウォッチやカメラのいくつかのモデルにとどまっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。