有料会員限定

スタートアップの試練はいつまで 凍り付くIPO市場

印刷
A
A
IPOは市場再編の動きとも絡む(撮影:尾形文繁)

特集「コロナ経済入門」の他の記事を読む

週刊東洋経済 2020年6/13号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

IPO(新規株式公開)市場も、新型コロナウイルスの直撃を受けた。3月に上場初日の公開価格割れが続出し、4月は上場延期ラッシュに見舞われたが、6月24日にようやくIPOが再開する。景気の立ち直りが遅れれば、IPO件数は長期低迷に陥りかねない。

3〜4月は41社が上場企業の仲間入りを果たし、空前のIPO集中期になるはずだったが、コロナ禍で幻に終わった。4月までに上場延期を発表した企業は19社と、過去最多だった2018年の5社を大幅に上回る。これらは東京証券取引所から上場承認を得て、上場日が決定した企業だ。上場承認を前にして延期に追い込まれた企業はさらに多いとみられる。

今年のIPOは例年どおり2月からスタート。3社が上場し、国内外のウイルス感染が急拡大する中だったが、いずれも上場前に投資家に売り渡す公開価格を初値が33〜130%上回る好成績だった。

しかし、3月に入ると初値の公開価格割れが頻発した。環境の悪化を誰もが認めざるをえなかったのは、3月9日に東証1部へ直接上場した人材派遣会社・フォーラムエンジニアリングのIPO。公開価格は投資家の需要調査を踏まえた仮条件の下限である1310円に引き下げた。仮条件下限での公開価格設定は18年8月以来と最大限投資家に配慮した格好だったが、初値は1030円と公開価格をおよそ2割も下回った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ経済入門
アフターコロナを聞く 4|哲学者・批評家 東 浩紀
大井川の水問題はどう決着するか
2021年開催は困難
世界中で挑戦も過度な期待は禁物
寄稿|青山学院大学 教授 福岡伸一
ウイルスとの複合災害
シェアリングの次は自給自足へ
Part3 社会が変わる
アフターコロナを聞く 3|科学哲学者・科学史家 村上陽一郎
変質する米大統領選、「バイデン政権」でどう変わるか
左傾化が一段と強まる情勢
化石燃料からの脱却に動かぬ日本
民主主義国家の真価が問われている
米中は休戦状態から一転して全面対決に
デカップリングの危機
穀物相場の下落と貧困国の飢餓
所得再分配が重要なテーマに
格差拡大を招いた2つの要因
Part2 政治・経済が変わる
アフターコロナを聞く 2|サントリーホールディングス 社長 新浪剛史
「脱広告」「非接触」が鍵に
小売りはどう変わるか
自動車業界サバイバル、CASE投資の維持が焦点
かつてない消耗戦へ突入
アフターコロナを聞く 1|三井物産 社長 安永竜夫
凍り付くIPO市場
非接触社会に不可欠なツール
GAFAの地殻変動、絶対支配者の向かう先
Part1 ビジネスが変わる
インタビュー/米ハーバード大学 ディパヤン・ゴーシュ
コロナ経済入門
政治・経済・社会…3分野の新常態を徹底分析
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内