有料会員限定

「生き残りのキーワードは“環境"と“健康"以外にない」 アフターコロナを聞く 1|三井物産 社長 安永竜夫

印刷
A
A
やすなが・たつお 1960年愛媛県生まれ。83年東京大学工学部卒業、三井物産入社。主にエネルギープラント畑を長く歩み、2010年に経営企画部長。13年に執行役員。15年から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「コロナ経済入門」の他の記事を読む

人の移動が制限される中、グローバルビジネスはどのような影響を受けるのか。三井物産の安永竜夫社長に聞いた。

──コロナ後、経済のグローバリゼーションはどう変化すると考えますか。

人、物の動きが疫病を理由にこれだけ滞るのは、(約100年前の)スペイン風邪の時代までさかのぼらなければならない。これまでよりビザの取得が厳しくなるなど、これだけ国境を意識したのは数十年ぶりのことだ。米中問題だけでなく、EU(欧州連合)の中でも各国が国民を守るために都市や国境を封鎖している。コロナ以前からあった「自国第一主義」がさらに強まっており、経済のブロック化が進む懸念がある。

だが本当に各国が自国の経済だけで自己完結しようとすれば、非効率なものとなる。そもそも日本は食料もエネルギーも自給できない。当然、私たちは人々の生活に欠かせない食料やエネルギーの供給に携わっており、しっかりとやっていかないといけない。

──世界経済の先行きについてどうみていますか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ経済入門
アフターコロナを聞く 4|哲学者・批評家 東 浩紀
大井川の水問題はどう決着するか
2021年開催は困難
世界中で挑戦も過度な期待は禁物
寄稿|青山学院大学 教授 福岡伸一
ウイルスとの複合災害
シェアリングの次は自給自足へ
Part3 社会が変わる
アフターコロナを聞く 3|科学哲学者・科学史家 村上陽一郎
変質する米大統領選、「バイデン政権」でどう変わるか
左傾化が一段と強まる情勢
化石燃料からの脱却に動かぬ日本
民主主義国家の真価が問われている
米中は休戦状態から一転して全面対決に
デカップリングの危機
穀物相場の下落と貧困国の飢餓
所得再分配が重要なテーマに
格差拡大を招いた2つの要因
Part2 政治・経済が変わる
アフターコロナを聞く 2|サントリーホールディングス 社長 新浪剛史
「脱広告」「非接触」が鍵に
小売りはどう変わるか
自動車業界サバイバル、CASE投資の維持が焦点
かつてない消耗戦へ突入
アフターコロナを聞く 1|三井物産 社長 安永竜夫
凍り付くIPO市場
非接触社会に不可欠なツール
GAFAの地殻変動、絶対支配者の向かう先
Part1 ビジネスが変わる
インタビュー/米ハーバード大学 ディパヤン・ゴーシュ
コロナ経済入門
政治・経済・社会…3分野の新常態を徹底分析
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内