有料会員限定

「“不要不急"がなくなると社会と組織は弱体化する」 アフターコロナを聞く 4|哲学者・批評家 東 浩紀

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
あずま・ひろき 1971年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。ゲンロンの創業者。専門は現代思想、表象文化論など。93 年に批評家としてデビュー。著書に『動物化するポストモダン』『ゲンロン0 観光客の哲学』など。

特集「コロナ経済入門」の他の記事を読む

感染症との戦いを経て、社会はどう変わっていくのだろうか。哲学者・批評家の東浩紀氏に聞いた。

──世界各国がロックダウンに動きました。

2月から3月にかけて米国や欧州各国が国境を封鎖して、急速に移動を制限していったが、知識人も市民もほとんど抗議せずに受け入れたことに驚いた。普通の状態なら批判が出てきて当然なのに、「感染拡大防止」の名の下に、なすすべがない状態だった。

EU(欧州連合)のアイデンティティーとは移動の自由だったはずだ。それさえも一瞬で崩れ去る。「グローバル化」の掛け声の舌の根も乾かぬうちに国境を閉鎖する事実。それは思想や文化の面において、大きな傷跡を残すと思う。

1990年代、リベラルな思想で知られる、ドイツの哲学者のユルゲン・ハーバーマスがNATO軍によるコソボ空爆を容認した。それに匹敵するような大きな転換点になるのではないか。リベラル知識人にとって国境を開放することは何よりも善のはずだったが、今後は簡単には言えなくなる。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ経済入門
アフターコロナを聞く 4|哲学者・批評家 東 浩紀
大井川の水問題はどう決着するか
2021年開催は困難
世界中で挑戦も過度な期待は禁物
寄稿|青山学院大学 教授 福岡伸一
ウイルスとの複合災害
シェアリングの次は自給自足へ
Part3 社会が変わる
アフターコロナを聞く 3|科学哲学者・科学史家 村上陽一郎
変質する米大統領選、「バイデン政権」でどう変わるか
左傾化が一段と強まる情勢
化石燃料からの脱却に動かぬ日本
民主主義国家の真価が問われている
米中は休戦状態から一転して全面対決に
デカップリングの危機
穀物相場の下落と貧困国の飢餓
所得再分配が重要なテーマに
格差拡大を招いた2つの要因
Part2 政治・経済が変わる
アフターコロナを聞く 2|サントリーホールディングス 社長 新浪剛史
「脱広告」「非接触」が鍵に
小売りはどう変わるか
自動車業界サバイバル、CASE投資の維持が焦点
かつてない消耗戦へ突入
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内