有料会員限定

出口が見えない交通機関 エアライン・鉄道・バス・タクシー…

印刷
A
A

利用者激減でどの会社も経営難は必至。歩合制のタクシー運転手は収入減が生活を直撃する。

旅客便の運休が相次ぐ羽田空港の駐機場には、出番のない飛行機がずらりと並ぶ(共同通信)

特集「コロナ大恐慌」の他の記事を読む

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため人の移動が大きく制限された。結果、公共交通機関が未曾有の危機に直面している。

とりわけ影響が大きいのが航空業界だ。当初、その影響は中国や韓国への路線など東アジアの国際線に限られていた。だが、日を追うごとに世界各地へ拡大。国内最大手の全日本空輸(ANA)は3月末時点で、4月の国際線全体の予約数が前年同月比70%減少した。

厳しい市場環境を受け、ANAは3月29日から約1カ月の間、計画していた国際線4653便のうち、世界全方面で4071便を減便。日本航空(JAL)も同様に計画の5148便のうち、4366便の減便に追い込まれた。

国内線も政府のテレワーク推奨やイベント自粛要請により需要が低迷。ANAは4月1日から約1カ月、計画便数の26%に当たる5629便を、JALも3月29日から約1カ月、同26%に当たる6908便を減便している。

ANAでは1カ月当たり、約1000億円の収入が失われている。国際航空運送協会の予測によると、2020年の世界における旅客収入は前年の44%に当たる2520億ドルが消滅するという。航空事業は人件費や機材費など固定費が重く、18年度の営業費用に占める固定費の割合はANAホールディングスで約50%、JALで約40%に達する。売り上げの減少は利益の大幅な悪化に直結する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ大恐慌
インタビュー/経団連会長 中西宏明
車載向け電子部品が絶望的
「派遣切り」「雇い止め」の実態
自動車産業を支える中小企業の戦い
Part3 土壇場の製造業
今こそ「マーケティング」を強化せよ
コロナショックがダメ押しに
消費増税に暖冬、そしてコロナが直撃
エアライン・鉄道・バス・タクシー…
インタビュー/アパホテル 社長 元谷芙美子
インタビュー/星野リゾート 代表 星野佳路
ワイキキビーチから人影が消えた
長引く「休園」、その後に何が起きるのか
Part2 瀕死のサービス業
困っている人のためのQ&A
期待高まる金融機関の“支援力"
資金不足の影響が大きいと思われる上場企業を3つの指標で見ていく
Part1 企業淘汰の嵐 中小企業に迫る倒産の足音
コロナ大恐慌
日本経済はどこまで沈むか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内