有料会員限定

世界各地で新車需要吹き飛ぶ、自動車「赤字続出」の衝撃 Part3 土壇場の製造業

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

海外販売は壊滅的。内需も冷え込めば、国内工場の全面停止も起こりうる。

輸出車を中心に国内工場の生産調整も相次ぐ。写真は稼働停止当日(4月3日)のトヨタ堤工場(撮影:関口威人)

特集「コロナ大恐慌」の他の記事を読む

イタリアが前年同月比85%減、フランス71%減、英国46%減、中国43%減──。これらはいずれも3月の新車販売実績だ。新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界の主要国で自動車の需要が軒並み激減。日本の自動車産業は幾度となく危機を乗り越えてきたが、今直面している危機は過去最大級だ。

累計感染者数が世界最多となった米国では、3月の新車販売が前年同月比で38%減った。米国を主戦場とする日系メーカーの現地販売も総崩れで、トヨタ自動車は37%減、ホンダやSUBARU(スバル)はほぼ半減した。米国は欧州より遅く3月半ばから感染が本格的に広がった。ニューヨーク州など都市部を中心に外出禁止令が敷かれ、多くの新車販売店が営業を休止。4月はさらにひどい数字になるのが確実だ。

新型コロナが世界中で猛威を振るう中、日系自動車メーカーの海外にある生産拠点の多くが操業休止に追い込まれている。最初に感染が拡大した中国ではようやく工場の操業再開にこぎ着けたが、欧州や北米、東南アジアなどの工場は軒並み休止状態にある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ大恐慌
インタビュー/経団連会長 中西宏明
車載向け電子部品が絶望的
「派遣切り」「雇い止め」の実態
自動車産業を支える中小企業の戦い
Part3 土壇場の製造業
今こそ「マーケティング」を強化せよ
コロナショックがダメ押しに
消費増税に暖冬、そしてコロナが直撃
エアライン・鉄道・バス・タクシー…
インタビュー/アパホテル 社長 元谷芙美子
インタビュー/星野リゾート 代表 星野佳路
ワイキキビーチから人影が消えた
長引く「休園」、その後に何が起きるのか
Part2 瀕死のサービス業
困っている人のためのQ&A
期待高まる金融機関の“支援力"
資金不足の影響が大きいと思われる上場企業を3つの指標で見ていく
Part1 企業淘汰の嵐 中小企業に迫る倒産の足音
コロナ大恐慌
日本経済はどこまで沈むか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内