有料会員限定

下請けは塗炭の苦しみ 自動車産業を支える中小企業の戦い

印刷
A
A

リーマンショックで変革した企業にも、コロナは容赦なく襲いかかる。

自動車部品の金型製造を手がける愛知県安城市の東南精機。リーマンショックを契機に多角化し、4月中は工場もフル稼働。しかし、その先は見通せない(撮影:関口威人)

特集「コロナ大恐慌」の他の記事を読む

トヨタ自動車のおひざ元である愛知県は4月10日、県独自の緊急事態宣言を出した。国の緊急事態宣言に愛知県が含まれなかったのは、感染拡大が比較的緩かったという事実があるが、それだけではないだろう。日本一の製造業集積を誇る地域だけに、経済へ与える影響は極めて大きい。そうした配慮も、政府判断の背景にあったのではないだろうか。

トヨタ系の下請けは2008年のリーマンショックを機に淘汰され、生き残った企業は経営体力の強化や多角化を進めてきた。だが、コロナショックはそうして築いた防波堤をも突き崩す衝撃波となりそうだ。

愛知県は今回の中小企業支援策として、売り上げが前年比20%以上減少した企業に最大8000万円を融資するセーフティネット保証4号、業種指定はあるが前年比5%の売り上げ減でも認定されるセーフティネット保証5号の適用をはじめ、東日本大震災以来となる最大5000万円の運転資金を無担保で貸し付ける緊急つなぎ資金などの融資制度を創設。緊急事態宣言ではさらなる制度の強化、拡充を打ち出した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
コロナ大恐慌
インタビュー/経団連会長 中西宏明
車載向け電子部品が絶望的
「派遣切り」「雇い止め」の実態
自動車産業を支える中小企業の戦い
Part3 土壇場の製造業
今こそ「マーケティング」を強化せよ
コロナショックがダメ押しに
消費増税に暖冬、そしてコロナが直撃
エアライン・鉄道・バス・タクシー…
インタビュー/アパホテル 社長 元谷芙美子
インタビュー/星野リゾート 代表 星野佳路
ワイキキビーチから人影が消えた
長引く「休園」、その後に何が起きるのか
Part2 瀕死のサービス業
困っている人のためのQ&A
期待高まる金融機関の“支援力"
資金不足の影響が大きいと思われる上場企業を3つの指標で見ていく
Part1 企業淘汰の嵐 中小企業に迫る倒産の足音
コロナ大恐慌
日本経済はどこまで沈むか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内