有料会員限定

中核病院建設に「待った」、財政難の新潟は大混乱 これから多発する地方の再編問題

印刷
A
A
燕三条駅前に広がる中核病院の建設予定地。着工目前に計画見直しの声が上がった

特集「病院が壊れる」の他の記事を読む

金物加工の町として知られる新潟県の燕市と三条市。上越新幹線・燕三条駅を降り、目の前にある北陸自動車道高架下をくぐるとすぐ、広い空き地が見えてくる。周辺にはこの空き地へと続く新たな道路も整備されつつある。白いフェンスに囲まれた更地に建設されるのは、高度医療の中核病院として県が設置する「県央基幹病院」だ。

用地面積は4万2503平方メートル。9階建て450床の病院には救命救急センターも入る。その隣には三条市が設立する三条技能創造大学(2021年開校予定)の校舎が建設中だ。看護師などの医療職を育成する市立の専門学校も併設される。田んぼが広がっていた駅前の風景は、新病院を中心にがらりと変わりつつある。

ところが19年6月、この県央基幹病院の見直し議論が突如浮上した。19年度中に用地の整備工事を終え、20年度から建築工事に入る予定だったが、それに「待った」がかかったのだ。

降って湧いた見直し

23年に開設を目指す県央基幹病院は、三条市のJA(農協)新潟厚生連三条総合病院(199床)と燕市の県立燕労災病院(300床)が統合してできる。三条総合病院は厚生農業協同組合連合会が運営する公的病院。一方、燕労災病院は労働者健康福祉機構が運営していたが、基幹病院への移管に向けて18年から県立となった。基幹病院を新設するのは、燕市と三条市などを中心とする県央2次医療圏に、これまでなかった救命救急センターをつくるためだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
病院が壊れる
病床利用率の低下で危機に直面する
これから多発する地方の再編問題
インタビュー病院の未来1/慶応大学 教授 印南一路
ワーストは横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
現地ルポ|地域医療の牙城を守れるか
インタビュー病院の未来2/日本病院会 会長 相澤孝夫
Part2 民間病院の危機|病院も経営力の時代
病院が壊れる
大病院さえ直面する非常事態
Part1 公立病院の苦悩|再編・統合が進まぬ現実
「424病院」公表の副作用
時代錯誤の「無償奉仕」が蔓延
インタビュー病院の未来3/日本医療法人協会 会長 加納繁照
1床=1500万円が目安だが潮目の変化も
架空の売却話も飛び交う
稼ぐ民間病院の実力!
都心ブランド病院の天国と地獄
インタビュー/厚生労働相 加藤勝信
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内