有料会員限定

医師不足で「救急お断り」市民病院の経営が危ない Part1 公立病院の苦悩|再編・統合が進まぬ現実

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
医師不足で経営難に陥った東松山市立市民病院。再編・統合が検討される

特集「病院が壊れる」の他の記事を読む

都内から電車で1時間弱の所に位置する埼玉県東松山市。東京のベッドタウンにもなっているこの街で、2つの病院が揺れている。東松山市立市民病院(114床)と東松山医師会が設立する東松山医師会病院(200床)が、厚生労働省が発表した、再編・統合を検討すべき病院の対象になったのだ。

下図のように、厚労省は公立・公的病院を対象にがんや心疾患などの高度医療について「診療実績が特に少ない」、または「近くに類似した機能の病院がある」を基準に分析した。2つの病院が対象になった理由は、病院同士の近さだ。人口9万人規模の東松山市だが、車で10分ほどの距離に総合病院が2つある。しかも複数の診療科が重複している。

再編対象リストが病院への予告なしに発表されたことで、名指しされた病院からは反発の声が上がっている。突然再編対象とされれば黙っていられないのは当然だが、市民病院の杉山聡院長からは「私としては納得した」と意外な答えが返ってきた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
病院が壊れる
病床利用率の低下で危機に直面する
これから多発する地方の再編問題
インタビュー病院の未来1/慶応大学 教授 印南一路
ワーストは横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
現地ルポ|地域医療の牙城を守れるか
インタビュー病院の未来2/日本病院会 会長 相澤孝夫
Part2 民間病院の危機|病院も経営力の時代
病院が壊れる
大病院さえ直面する非常事態
Part1 公立病院の苦悩|再編・統合が進まぬ現実
「424病院」公表の副作用
時代錯誤の「無償奉仕」が蔓延
インタビュー病院の未来3/日本医療法人協会 会長 加納繁照
1床=1500万円が目安だが潮目の変化も
架空の売却話も飛び交う
稼ぐ民間病院の実力!
都心ブランド病院の天国と地獄
インタビュー/厚生労働相 加藤勝信
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内