有料会員限定

無給医問題があらわにした医師たちの“超"長時間労働 時代錯誤の「無償奉仕」が蔓延

印刷
A
A
徹夜手術後に交通事故死した故・前田伴幸医師の遺影と博士の学位記

特集「病院が壊れる」の他の記事を読む

「病院で息子の遺体を目にしたはずですが、17年の月日が過ぎた今でも記憶が出てきません。脳が拒否しているのだと思います」

長男を交通事故で亡くした、鳥取県在住の前田三女子(みなこ)さん(70)は話す。2003年3月、鳥取大学(鳥大)の大学院生だった前田伴幸医師は、鳥大附属病院からアルバイト先の関連病院に向かう運転中に、大型トラックと正面衝突して脳挫傷で亡くなった。享年33。

前田医師は医師免許取得後、鳥大病院などでの研修医や勤務医を経て、1999年に鳥大大学院の博士課程に入学した。本来は亡くなった月末に博士号を取得し、翌月から県立病院に勤務するはずだった。02年秋から鳥大病院で診療を行っていたが無給で、関連病院のアルバイトで生計を立てていた。

突然の息子の死に直面し悲嘆に暮れる両親に追い打ちをかけたのが、大学側の対応だった。「終始こちらを見下したような物言いばかりだった」。医学博士の学位記と荷物を取りに大学を訪問した三女子さんは、応対した教授の態度をそう振り返る。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
病院が壊れる
病床利用率の低下で危機に直面する
これから多発する地方の再編問題
インタビュー病院の未来1/慶応大学 教授 印南一路
ワーストは横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
現地ルポ|地域医療の牙城を守れるか
インタビュー病院の未来2/日本病院会 会長 相澤孝夫
Part2 民間病院の危機|病院も経営力の時代
病院が壊れる
大病院さえ直面する非常事態
Part1 公立病院の苦悩|再編・統合が進まぬ現実
「424病院」公表の副作用
時代錯誤の「無償奉仕」が蔓延
インタビュー病院の未来3/日本医療法人協会 会長 加納繁照
1床=1500万円が目安だが潮目の変化も
架空の売却話も飛び交う
稼ぐ民間病院の実力!
都心ブランド病院の天国と地獄
インタビュー/厚生労働相 加藤勝信
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内