有料会員限定

日本赤十字病院の危機 現地ルポ|地域医療の牙城を守れるか

印刷
A
A
北海道清水町の清水赤十字病院

特集「病院が壊れる」の他の記事を読む

日本赤十字社(日赤)が揺れている。厚生労働省が公表した「424病院リスト」の影響だ。

日赤が運営する全国91病院のうち、下表の24病院がこのリストで名指しされた(閉院した柏原赤十字病院を除くと23病院)。日赤病院全体の2割超が、国から存在意義を問われたことになる。

日赤本社はこの事態をどう捉え、対応するのか。昨年11月から複数回にわたり取材を申し込んだが、本件についての取材は「今はすべて断っている」との回答だった。

多額の税金で成り立つ公的病院グループの本社が、地域医療の取材で拒否を貫く事態は尋常ではない。日赤本社職員はこう明かす。

「日赤は医療を通じた地域貢献を理念としてきた。しかし今、病床の転換や削減だけでは済まない病院がいくつもある。理念と現実の狭間で揺れに揺れている」

兵庫県丹波市では2019年春、経営不振にあえぐ柏原赤十字病院が県立柏原病院と合併し丹波医療センターとなり、閉院した。日赤病院とほかの医療機関との統廃合は、これから増えると予想される。だが、「お荷物病院」を次々と切り捨てれば済む話ではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
病院が壊れる
病床利用率の低下で危機に直面する
これから多発する地方の再編問題
インタビュー病院の未来1/慶応大学 教授 印南一路
ワーストは横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
現地ルポ|地域医療の牙城を守れるか
インタビュー病院の未来2/日本病院会 会長 相澤孝夫
Part2 民間病院の危機|病院も経営力の時代
病院が壊れる
大病院さえ直面する非常事態
Part1 公立病院の苦悩|再編・統合が進まぬ現実
「424病院」公表の副作用
時代錯誤の「無償奉仕」が蔓延
インタビュー病院の未来3/日本医療法人協会 会長 加納繁照
1床=1500万円が目安だが潮目の変化も
架空の売却話も飛び交う
稼ぐ民間病院の実力!
都心ブランド病院の天国と地獄
インタビュー/厚生労働相 加藤勝信
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内