ついにアウディも高級電気自動車を発売へ

CEOが「2018年に2車種発売」と言明

写真はA3セダン

[フランクフルト 28日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の高級車子会社アウディが、2018年までに電気自動車(EV)2モデルを発売する方針であることが分かった。EV市場で米テスラモーターズ<TSLA.O>や独BMW<BMWG.DE>などのライバルを追撃する。

27日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)に掲載予定のインタビュー記事で、アウディのシュタートラー最高経営責任者(CEO)が、EVのスポーツカーとスポーツ・アクティビティー・ビークル(SAV)の発売計画を進めていると明らかにした。

シュタートラー氏によると、SAVは四輪駆動で、1回の充電で500キロ(310マイル)超の走行が可能という。

同氏はまた、電子駆動やデジタル技術に注力するため、19年までに20億ユーロ(24億ドル)を追加投資すると表明した。アウディの18年までの投資予算は総額220億ユーロに上っている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。