ついにアウディも高級電気自動車を発売へ

CEOが「2018年に2車種発売」と言明

写真はA3セダン

[フランクフルト 28日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の高級車子会社アウディが、2018年までに電気自動車(EV)2モデルを発売する方針であることが分かった。EV市場で米テスラモーターズ<TSLA.O>や独BMW<BMWG.DE>などのライバルを追撃する。

27日付の独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)に掲載予定のインタビュー記事で、アウディのシュタートラー最高経営責任者(CEO)が、EVのスポーツカーとスポーツ・アクティビティー・ビークル(SAV)の発売計画を進めていると明らかにした。

シュタートラー氏によると、SAVは四輪駆動で、1回の充電で500キロ(310マイル)超の走行が可能という。

同氏はまた、電子駆動やデジタル技術に注力するため、19年までに20億ユーロ(24億ドル)を追加投資すると表明した。アウディの18年までの投資予算は総額220億ユーロに上っている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT