レクサスはなぜクーペ「RC」を出したのか

いまどき2ドアの新型高級車が果たす役割

レクサス「RC」は2014年初の北米国際自動車ショーで披露された(写真:AP/アフロ)

ひと昔前までは国内新車の「鉄板」だったミニバンの販売も一部車種を除いて陰りがみえる昨今、「じゃあ売れているクルマは何?」と問われれば、いわゆる「エコカー」と軽自動車ということになるわけです。

で、前者の側も現況はモデルライフ末期のトヨタ自動車「プリウス」よりむしろ軽便な「アクア」、そしてホンダ「フィット」といったハイブリッド車(HV)が趨勢であることを鑑みると、日本市場で求められているクルマの大勢は「200万円以下のちっちゃいやつ」と括ってもトンチンカンな筋ではないでしょう。

そんな中、車両本体価格が565万円からの2ドア高級車が販売されると聞けば、「それ誰が買うの?」と心配になってしまいます。ましてやそれが日本のメーカーの製品といえば、「なんでそんなことになってんの?」と訝しがるのも不思議ではありません。実はこれ、トヨタのアッパーブランドであるレクサスの「RC」という10月下旬に発売されたばかりの新型車の話なんですが。

立派な4ドア車がつくれるサイズ

全長4700ミリメートルくらいといえば立派な4ドアサルーンがつくれるサイズですが、贅沢にもそれにクーペのデザインをあてがったRCのライバルはといえば、ドイツの3大プレミアムブランドのモデル「BMW4シリーズ」や「アウディA5」あたりが挙げられます。メルセデス・ベンツに至ってはそれらを挟み込むように「Cクラス」と「Eクラス」、2種類のクーペを並べているくらいですから、実はこのカテゴリー、メーカーにとっては秘かに金ヅルなのではないかとも伺えるわけです。

が、実際はそんなことはない。名前を挙げたこれらの2ドアクーペたちが売れる台数といえば、新車効果のない平常時で合わせて月間300台ほどでしょうか。ドイツ3社の国内販売店舗(ディーラー)数は合わせて約600くらいですから、ざっくり言えば半数の店舗で月1台売れるか否か。12月に大間でマグロ釣ったような縁起物・・というには些か大袈裟かもしれませんが、残念ながらセールスマンに与えられる報酬は、普通のクルマと大差ありません。

一方で、ユーザーは並ならぬ決意と嗜好をもってそれを買おうというわけですから、仕様の発注には時間も掛かるわけで、基本的に仕事の手離れは悪い。現場的には「めんどくせークルマ」ということになるかと思います。

次ページ2ドアに乗るというぜいたく
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT