有料会員限定

子どもの病と向き合う Part3 病気・事故が襲う|先天性の疾患、感染症、小児がん

印刷
A
A

15歳未満の子どもの死因で最も多いのは病気だ。

写真はイメージです(polkadot / PIXTA)

特集「子どもの命を守る」の他の記事を読む

子どもの命を脅かすリスクは児童虐待や保育事故だけではない。厚生労働省の統計では、医療技術の進歩などで、子どもの死亡率は低下しているが、0~19歳で年間4362人(2018年)もの尊い命が失われている。死因を見ると、0~9歳では病気、不慮の事故が大半。10歳以上ではそれに自殺が加わる。

Part3では、こうした統計に表れる病気や不慮の事故にどう向き合えばいいかを考察する。

まず取り上げるのは病気。一口に病気といっても、年齢によって傾向は異なる。

0歳児の場合、病死の原因の割合では、先天性の異常によるものが36%と最も多い。次いで出産時の呼吸障害などが13%。さらに元気だった子が突然亡くなる乳幼児突然死症候群や心疾患、肺炎が続く。1歳以上になると悪性新生物(がん)が増え、5歳以上では病死原因のトップとなる。

このような病気による死は予防できるのか。国立成育医療研究センター総合診療部統括部長の窪田満医師は「大人と子どもでは病死の考え方を変える必要がある」と言う。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
子どもの命を守る
被災地の子どもたちの8年
交通事故、誤嚥、転落、溺水…
どこまで抑止できるかは未知数
再発の抑止効果に限界
家庭問題以上に学校問題が深刻
Part3 病気・事故が襲う|先天性の疾患、感染症、小児がん
保育園関係者・匿名座談会
支援員が足りない
待機児童解消策の死角
年間8000億円の行方
人件費を事業拡大に流用
Part2 保育園の死角|急増する重大事故件数
子のしんどさを拾い、親の苦悩を受け止める
当事者が語る|宮本ゆかり
児童相談所だけではもう限界
子どもたちを“薬漬け" 児童養護施設の現実
広がる向精神薬の服用
米国やフランスで実践
独自調査|月の残業100時間超も…
母は「一緒に死にたかった」
元主治医が語る|小児科医 木下あゆみ
当事者が語る|ブローハン聡
知られざる児童虐待
Part1 止まらない虐待|行政支援が届かない現実
「潜在的な虐待死数は3〜5倍」
インタビュー/名古屋大学医学部附属病院 沼口 敦
子どもの命を守る
続発する虐待死、その真因を探る
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内