アリババ vs.テンセント、激化する日本での覇権争い 水面下の壮絶なバトル

印刷
A
A

多様なサービスを駆使して、企業や顧客の囲い込みを徹底する。

中国人客の利便性向上を狙い、アリペイを導入する飲食店や小売店が増えている

特集「爆熱 観光立国」の他の記事を読む

日本企業の囲い込みを狙い、中国の2大IT企業が激しく争っている。経済成長に伴い中国の消費者が高品質商品を求める傾向にある中、事業を拡大するためには日本企業と結び付くことが重要なポイントになっている。

アリババグループ(阿里巴巴集団)が、中国最大のEC(電子商取引)企業であることはもはや周知のことだろう。流通総額(GMV)8530億ドル(約90兆円)、年間アクティブユーザー7億7000万人と、“国家規模”の数字が並ぶ。

とはいえ、アリババが自ら手がける販売はごく一部。商品販売による売上高は139億ドル(約1兆4700億円)で、GMVの1.6%にすぎない。全体売上高の大半はネットモールや物流、広告、決済などプラットフォームやソリューションの提供による手数料収入だ。

アリババのスローガンは「譲天下没有難做的生意(世界から厄介な商売をなくす)」。アリババが訴求するのは、企業が同社のプラットフォームを活用すれば、商品の企画、開発、製造ほか、広告、販売、決済、物流といった流通のあらゆる面で、同社のサポートを受け、楽に商売できるようになるということである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
爆熱 観光立国
新幹線で始まった英語アナウンスの舞台裏
訪日客の増加で鉄道も変化
祖国の訪日客増で急拡大、中国人がホテルを買う事情
宿泊施設に旅行手配業も経営
中国人は行き先をこう決める
深刻化するオーバーツーリズム問題
富士急ハイランド、入園者数2桁増の秘策
Part2 観光最前線|アニメの聖地、山奥の古い寺、夕日が沈む海岸…
アジア人も欧米人も
2人のカリスマを直撃
キーオピニオンリーダーとソーシャルバイヤー
進化するソーシャルバイヤー「転売ビジネス」の実態
日本企業も次々に連携
買い物・グルメ・観光@日本
アリババ vs.テンセント、激化する日本での覇権争い
水面下の壮絶なバトル
想像を超える中国人富裕層の行動
『中国人富裕層のトリセツ』著者・夏川浩氏に聞く
もはや店舗は観光地化
「爆売り」を仕掛ける日本企業
Part1 爆買い最前線|「爆買い」はスマートに進化
爆熱 観光立国
徹底解明!「インバウンド」最前線
菅長官「今後のカギは統合リゾートとスキー場だ」(2019年8月配信記事より)
アトキンソン氏 ✕ 菅長官 観光立国対談
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内