祖国の訪日客増で急拡大、中国人がホテルを買う事情 宿泊施設に旅行手配業も経営

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

中国人観光客ならではの要望を理解している点が強みだ。

都内のCHIのホテルには中国人の団体客だけでなく個人客も多い

特集「爆熱 観光立国」の他の記事を読む

富士五湖の1つ、山中湖のほとりに林に囲まれた建物がある。施設名の表示は外壁になく、一見するとマンションのようだ。夕刻になると約40人乗りの大型バスが次々と横付けしていく。バスから降りてくるのは中国人観光客ばかり。「今日も楽しかった」と笑いながら、大きなスーツケースやバッグを持って施設内に入っていった。

中国人団体客が宿泊する「富士山ガーデンホテル」を保有するのは、日本全国に約10ものホテルやリゾート、ゴルフ場を抱え、バス会社も持つCHIグループだ。同グループを率いる露崎強会長は、1987年に事業を立ち上げた華人の実業家。中国人観光客が増加するのを見越し、2000年代から首都圏や関西、九州で既存の宿泊施設の買収や建物のリノベーションを繰り返し、グループ傘下のホテルを増やしていった。山中湖で中国人の団体観光客が絶え間なく泊まりにくる富士山ガーデンホテルもその1つだ。

CHIグループのように中国人がホテルなどを買収して、インバウンド需要を取り込む例が増えている。富士山周辺のホテルで結成する業界団体のある関係者は、「中国人が次々と宿泊施設を買収して、中国人客を呼び寄せている」と実情を明かす。後継者がいない旅館や、経営が立ちゆかなくなったホテルを中国資本が買収。中国人客の誘致で事業を成り立たせているという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
爆熱 観光立国
新幹線で始まった英語アナウンスの舞台裏
訪日客の増加で鉄道も変化
祖国の訪日客増で急拡大、中国人がホテルを買う事情
宿泊施設に旅行手配業も経営
中国人は行き先をこう決める
深刻化するオーバーツーリズム問題
富士急ハイランド、入園者数2桁増の秘策
Part2 観光最前線|アニメの聖地、山奥の古い寺、夕日が沈む海岸…
アジア人も欧米人も
2人のカリスマを直撃
キーオピニオンリーダーとソーシャルバイヤー
進化するソーシャルバイヤー「転売ビジネス」の実態
日本企業も次々に連携
買い物・グルメ・観光@日本
アリババ vs.テンセント、激化する日本での覇権争い
水面下の壮絶なバトル
想像を超える中国人富裕層の行動
『中国人富裕層のトリセツ』著者・夏川浩氏に聞く
もはや店舗は観光地化
「爆売り」を仕掛ける日本企業
Part1 爆買い最前線|「爆買い」はスマートに進化
爆熱 観光立国
徹底解明!「インバウンド」最前線
菅長官「今後のカギは統合リゾートとスキー場だ」(2019年8月配信記事より)
アトキンソン氏 ✕ 菅長官 観光立国対談
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内