有料会員限定

JR、京浜急行、南海電鉄…鉄道各社のすごい仕掛け 訪日客の増加で鉄道も変化

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

増加の一途をたどるインバウンドは鉄道業界にとっても金のなる木だ。

羽田空港国際線ターミナルの観光案内所は外国人旅行者で盛況だ(撮影:梅谷秀司)

特集「爆熱 観光立国」の他の記事を読む

閑散としていた昼下がり、羽田空港国際線ターミナルの到着ロビーがにわかに混み出した。13時以降、北京、上海、台北などアジア主要都市からの航空便が次々と羽田に着き、降り立った客が到着ロビーから鉄道やバスで都心に向かう。目的地への最適な経路をアドバイスする観光案内所のスタッフにとって、休む間もない時間の始まりだ。

1日868人。2017年度に羽田空港国際線ターミナル内にある観光案内所を訪れた外国人利用者数の平均だ。案内所を運営するのは京浜急行電鉄。羽田空港と品川を結ぶ京急空港線を抱える同社にとり、案内所を訪れる外国人旅行者は大事なお客様である。

案内所のカウンターの前に列をなす外国人旅行者を相手に、3人のコンシェルジュが問い合わせに手際よく対応している。京急線の案内だけが仕事ではない。「目的地によっては、(競合路線の)東京モノレールのほうが便利だとアドバイスすることもある」と、同社の担当者は話す。

「空港からいちばん近くにあるベビー用品店はどこか」「事前に予約した宿よりも便利な場所にホテルはあるか」。外国人旅行者の質問は多岐にわたり、交通案内、乗車券の販売のほか、観光・宿泊に関する相談や予約手配も行う。さらにヤマト運輸と連携して手荷物を宿泊先のホテルに配送する「手ぶら観光サービス」も行っている。まるで便利屋だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
爆熱 観光立国
新幹線で始まった英語アナウンスの舞台裏
訪日客の増加で鉄道も変化
祖国の訪日客増で急拡大、中国人がホテルを買う事情
宿泊施設に旅行手配業も経営
中国人は行き先をこう決める
深刻化するオーバーツーリズム問題
富士急ハイランド、入園者数2桁増の秘策
Part2 観光最前線|アニメの聖地、山奥の古い寺、夕日が沈む海岸…
アジア人も欧米人も
2人のカリスマを直撃
キーオピニオンリーダーとソーシャルバイヤー
進化するソーシャルバイヤー「転売ビジネス」の実態
日本企業も次々に連携
買い物・グルメ・観光@日本
アリババ vs.テンセント、激化する日本での覇権争い
水面下の壮絶なバトル
想像を超える中国人富裕層の行動
『中国人富裕層のトリセツ』著者・夏川浩氏に聞く
もはや店舗は観光地化
「爆売り」を仕掛ける日本企業
Part1 爆買い最前線|「爆買い」はスマートに進化
爆熱 観光立国
徹底解明!「インバウンド」最前線
菅長官「今後のカギは統合リゾートとスキー場だ」(2019年8月配信記事より)
アトキンソン氏 ✕ 菅長官 観光立国対談
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内