有料会員限定

最新は「料済み話法進化版」、巧妙な営業トークにご用心 口車に乗ってはいけない

印刷
A
A

ごまかしだらけの営業話法。あなたの高齢の親は大丈夫か。

写真はイメージです(iNueng / PIXTA)

特集「かんぽの闇・金融商品の罠」の他の記事を読む

「75歳の男性が月額保険料5.3万円、払込期間10年の終身保険に入るとする。支払う保険料は年63.6万円だから、10年間の総額で636万円。それだけ払って、死亡保険金は500万円。そんな『掛けオーバー』の保険が売れるわけがない」。ある現役局員はそう本音を漏らす。

掛けオーバーとは、掛け金(保険料)の総額が保障額や満期保険金を上回る保険商品のこと。そのような商品は珍しくないというのが現在のかんぽ生命の実態だ。

掛けオーバーの商品を売るために、局員たちはあの手この手の営業トークを繰り広げる。その一例を下図に示したが、「問題トーク」はどのくらいあるか、わかるだろうか。営業現場では下に紹介した問題トークのフレーズが、実践的な「話法」の中に取り入れられて巧妙に用いられている。

平均寿命でごまかす

まずは「平均寿命話法」の内容を再現してみよう。

局員「おじいちゃん、今79歳ですよね。男性の平均寿命は今81歳くらいだとご存じですか?」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
かんぽの闇・金融商品の罠
金融商品の罠 ケース3|ロボットアドバイザー
金融商品の罠 ケース2|投資信託
金融商品の罠 ケース1|外貨建て保険
銀行員、証券マン誌上座談会
Part2 金融商品の罠|支払った手数料は550万円
インタビュー/金融庁長官 遠藤俊英
契約書偽造、不告知教唆…
政府保有の株式売り出しに暗雲
目につく割高なコスト
問題は売り方だけにあらず
最上位は「ブルーダイヤモンド」
二重払い、無保険状態“量産"の必然
解約があれば手当返還を請求
ハンコを押す前によく考えよう
口車に乗ってはいけない
「ゆるキャラ」 「ボケ」 「甘い客」、郵便局員はココを見る!
あなたの親も“品定め"されている
「損はさせんから」「名前だけ貸しとくれ」
Part1 かんぽの闇|苦し紛れの口止め工作も
かんぽの闇・金融商品の罠
あなたの親も郵便局員に騙されている!
【プラスオリジナル】
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内