相続・終活・お墓 親子で話し合う

印刷
A
A

働き盛りのビジネスパーソンにとって、親と向き合える時間は実に少ない。だが、近い将来直面するのは、親に関する難題だ。親子でじっくり話す夏。そのテーマをお届けする。

本誌:堀川美行

週刊東洋経済 2019年8/10-17合併号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「相続・終活・お墓」の他の記事を読む

Part1 親と子で備える相続|一目でわかる相続手続きの一覧

相続税の申告・納付期限はあっという間にやってくる

ふるさとに帰省する夏こそ、親子で「これからのこと」を話し合いたい(amanaimages)

親が亡くなった後、最も手間がかかり、かつ期限に敏感になるべきことは、相続の手続きだ。親の死後、さまざまな事務手続きが押し寄せるが、最大の難所は相続がらみだ。相続税の申告・納付は死後10カ月以内。そこをゴールに流れを紹介しよう。

相続を行ううえで、まず意識することは、被相続人(親)が亡くなってから3カ月の節目だ。この間に、遺産を引き継ぐかどうかを決める。マイナスの財産(借金)があるなら相続放棄、もしくはプラス財産の範囲内で債務を引き受ける限定承認をする。これらをしなかった場合は単純承認といって、相続を受けたとみなされる。

「厳密には、相続人が自分に相続が発生したと知ったときから3カ月以内に決めるのがルール。ただし、親子関係なら死亡日に知らせが来ることがほとんどなので、死後3カ月と考えていい」と吉村行政書士事務所代表の吉村信一氏。「この間に、被相続人の債務などを返済すると、相続を認めたことになるので注意すること」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
相続・終活・お墓
遺骨の扱いはどうする?
お墓のQ&A
お金や手続きなどさまざまな落とし穴が…
香典収入も含めて検討を
公営、民営どちらを選ぶ?
寺が変わり始めた!
僧侶は会社員と兼業も
布施はいくら払えばいい?
Part3 親と子で考えるお墓|住職だから言える本当のこと
「大きな葬式はいらないよ、飲もう会を開いてほしい」
インタビュー/タレント みのもんた
2025年には認知症700万人!
葬儀中継、空き家管理、デジタル遺品対策…
相次ぐ高齢者の交通事故
インタビュー/女優 財前直見
終活で出ていくお金と入るお金
Part2 親も子も幸せな終活|親の問題は当然深刻化する
弁護士は見た!泥沼状態となった相続事件
3つのケースを紹介
相続の火種にならないように注意も
こうすればもめません!
改正相続法のメリットを徹底解説
配偶者保護の重要性高まる
相続・終活・お墓
親子で話し合う
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内