有料会員限定

容積率緩和が起爆剤に、「天神ビッグバン」の威力 福岡|歴史的な再開発ラッシュに沸く

印刷
A
A

天神と博多駅で最大50棟を建て替え、1.35兆円の経済波及効果をもくろむ。

再開発ラッシュに沸く福岡(KAZE / PIXTA)

特集「沸騰! 再開発バトル」の他の記事を読む

2020年3月末、福岡市の中心部・天神にある「天神コア」が44年の歴史に幕を下ろす。若者向けのファッションブランドが多く入店し、地元では知られた商業施設だ。

運営する電鉄大手・西日本鉄道の倉富純男社長は、6月13日の定例会見で「昭和、平成とともに歩み、天神の発展そのもののコアであった」と振り返った。

西鉄は本社のあった福岡ビルと天神コア、天神ビブレを一体開発し、24年春までに高さ96メートルの高層ビルに建て替える計画だ。

激変する天神エリア、高層ビルが群雄割拠

福岡市が再開発のラッシュを迎えている。港湾部では「ウォーターフロントネクスト」として国際会議や展示会の会場、クルーズ船関連設備の強化が、青果市場跡地では三井不動産などの商業施設の誘致が決まった。そして大きな注目を集めているのが、天神を中心とした「天神ビッグバン」、そしてJR博多駅を中心とした「博多コネクティッド」の2つの計画だ。

福岡市は中心街にオフィスや商業施設が集中。鉄道やバスなどの交通網が発達しているほか、JR博多駅から空港まで地下鉄でわずか5分という、コンパクトな街づくりに特徴がある。リーマンショック直後は大幅な空室率の上昇に見舞われたが、現在はメルカリやLINEなど大手IT企業の進出に沸き、中心部のオフィスの空室率は2%を切る水準だ。問題となっているのは床不足だけではない。ワンフロアが広大で使い勝手がよく、免震構造や発電機を備えるなど災害に強い「グローバル企業のためのオフィスが足りない」(地元の有力デベロッパー福岡地所)ことも課題となっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰! 再開発バトル
再開発ブームが見過ごす課題
当事者たちが語る内情
数多くの裏紳士が暗躍
Part3 再開発に潜む影|進化する地上げ、知られざる実態
福岡|歴史的な再開発ラッシュに沸く
大阪|続く需給のミスマッチ
名古屋|トヨタ依存経済という足かせ
横浜|足かけ36年の悲願
Part2 沸き立つ地方都市|タワマン、商業施設が続々と
首都圏再開発エリア
竣工までに30年以上必要なことも
不動産市場の専門家が語る
オフィスビルの地殻変動
オフィス活況の裏側
インタビュー|東急の渋谷か三井の日本橋か
Part1 再開発最前線|渋谷、五反田、田町、日本橋…
沸騰! 再開発バトル
徹底検証「不動産好況」はいつまで続くのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内