有料会員限定

みなとみらい開発が再加速、エンタメ施設急増後の課題 横浜|足かけ36年の悲願

印刷
A
A

一時停滞していたMM21開発が完了しそうだ。音楽アリーナなどの建設が進む。

みなとみらい21地区の再開発は、足かけ36年におよび現在も進行中(gandhi / PIXTA)

特集「沸騰! 再開発バトル」の他の記事を読む

「平成バブル崩壊後、開発が停滞した。2000年代後半は公募をかけても手を挙げる会社があまりなかった」と振り返るのは、横浜市都市整備局みなとみらい21推進課長の遠藤拓也氏だ。

横浜駅から桜木町駅の東側臨海部に位置する「みなとみらい21」(MM21)地区では、三菱重工業横浜造船所が1983年に移転した跡地の開発計画が、横浜市主導で進められている。足かけ36年になる。土地利用面積は186ヘクタール、東京ドーム約40個分に及ぶ。

平成バブル景気とその余熱で、90年代前半までは新施設が続々と完成した。しかし、バブル崩壊で停滞。その後も大型マンションの計画は進むものの、オフィスの計画は思うように決まらなかった。

その苦境を救ったのが、09年にオープンした日産自動車グローバル本社だった。「東京・銀座の世界的自動車メーカー本社の引っ越し先は横浜」ということで企業への宣伝効果は抜群。以後、「開発街区の公募をかけると、多くの企業が応じてくれるようになった」(遠藤氏)という。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰! 再開発バトル
再開発ブームが見過ごす課題
当事者たちが語る内情
数多くの裏紳士が暗躍
Part3 再開発に潜む影|進化する地上げ、知られざる実態
福岡|歴史的な再開発ラッシュに沸く
大阪|続く需給のミスマッチ
名古屋|トヨタ依存経済という足かせ
横浜|足かけ36年の悲願
Part2 沸き立つ地方都市|タワマン、商業施設が続々と
首都圏再開発エリア
竣工までに30年以上必要なことも
不動産市場の専門家が語る
オフィスビルの地殻変動
オフィス活況の裏側
インタビュー|東急の渋谷か三井の日本橋か
Part1 再開発最前線|渋谷、五反田、田町、日本橋…
沸騰! 再開発バトル
徹底検証「不動産好況」はいつまで続くのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内