有料会員限定

全解剖「再開発の仕組み」利益を生む権利調整の実態 竣工までに30年以上必要なことも

印刷
A
A

きらびやかなビルやマンションからは見えてこない、現場の泥くさい実情。

1部屋でも所有者が不明ならば、再開発はたちまち滞る(写真は本文と関係ありません)(アフロ)

特集「沸騰! 再開発バトル」の他の記事を読む

道路の幅を広げたい、木造家屋の密集を解消したい、中心市街地ににぎわいをもたらしたい──。安全や税収を考え、再開発は自治体が発起人となることが多い。とはいえ、開発や建設を進めるノウハウは自治体にはない。そこでデベロッパーやゼネコンが協力する形で再開発が始まる。

下表は、都内某所で大手デベロッパーが住民に提示した実際の再開発スケジュールだ。計画当初から15年かかるという覚悟が伝わってくる案だが、現実はさらに長引くことも多い。

東京都港区のある再開発地区では、当初2016年にマンションが竣工するはずだった。が、地権者の合意形成に手こずり、今なお着工すらできていない。利害が複雑に交錯する再開発の進め方を紹介しよう。

まず、市街地再開発には第1種と第2種がある。第1種は権利変換(後述)を行う方式で、地権者が組合を設立することが多い。第2種は再開発施行者自ら土地を買収して進めるもので、公共性・緊急性が著しく高い区域で行われる。ここでは再開発の大半を占める第1種で、なおかつマンションを建設する場合を念頭に置いて解説する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰! 再開発バトル
再開発ブームが見過ごす課題
当事者たちが語る内情
数多くの裏紳士が暗躍
Part3 再開発に潜む影|進化する地上げ、知られざる実態
福岡|歴史的な再開発ラッシュに沸く
大阪|続く需給のミスマッチ
名古屋|トヨタ依存経済という足かせ
横浜|足かけ36年の悲願
Part2 沸き立つ地方都市|タワマン、商業施設が続々と
首都圏再開発エリア
竣工までに30年以上必要なことも
不動産市場の専門家が語る
オフィスビルの地殻変動
オフィス活況の裏側
インタビュー|東急の渋谷か三井の日本橋か
Part1 再開発最前線|渋谷、五反田、田町、日本橋…
沸騰! 再開発バトル
徹底検証「不動産好況」はいつまで続くのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内