有料会員限定

ベンチャー企業を囲い込め!日本版シリコンバレーの大激戦 Part1 再開発最前線|渋谷、五反田、田町、日本橋…

印刷
A
A

成長に伴い増床・移転するベンチャー企業を創業期から育てる。

渋谷駅周辺の新ビルには多くのIT企業が集まる(Ryuji / PIXTA)

特集「沸騰! 再開発バトル」の他の記事を読む

再開発が花盛りだ。東京都心は昨年からビルの竣工ラッシュを迎えているが、「オフィスが足りない」という声は依然根強い。企業業績の回復によって賃料を負担する余力が生まれたほか、採用強化で既存のオフィスが手狭になって増床したり、新しいビルや好立地のオフィスへ移転したりする例が相次いでいるためだ。

中でもIT企業の増床ペースはすさまじい。SNS大手のLINEは2017年に本社を渋谷ヒカリエからJR新宿ミライナタワーへ移転。床面積は推定約2700坪から約5900坪へと倍増した。さらに昨年末には、四ツ谷駅前や新宿駅前で開発中のものを含む都内4カ所のビルにオフィスを増床すると発表した。

中小企業の成長も速い。16年に設立された、住宅ローンの比較サービスを展開する「iYell(イエール)」は、今年4月の従業員数が109人と、1年間で42人も増えた。道玄坂に構える100坪程度の本社も手狭になり、「渋谷を中心に200~300坪程度のオフィスを探している」(石黒萌・社長室副室長)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
沸騰! 再開発バトル
再開発ブームが見過ごす課題
当事者たちが語る内情
数多くの裏紳士が暗躍
Part3 再開発に潜む影|進化する地上げ、知られざる実態
福岡|歴史的な再開発ラッシュに沸く
大阪|続く需給のミスマッチ
名古屋|トヨタ依存経済という足かせ
横浜|足かけ36年の悲願
Part2 沸き立つ地方都市|タワマン、商業施設が続々と
首都圏再開発エリア
竣工までに30年以上必要なことも
不動産市場の専門家が語る
オフィスビルの地殻変動
オフィス活況の裏側
インタビュー|東急の渋谷か三井の日本橋か
Part1 再開発最前線|渋谷、五反田、田町、日本橋…
沸騰! 再開発バトル
徹底検証「不動産好況」はいつまで続くのか
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内