有料会員限定

進撃の商社 絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円

印刷
A
A

資源価格が反発し総合商社の業績は絶好調。非資源事業での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。

本誌:緒方欽一、大塚隆史、秦 卓弥 データ編集:久野貴也

週刊東洋経済 2018年11/17号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「進撃の商社」の他の記事を読む

これまでとは違う景色が見えてきた。総合商社大手5社の2018年度決算は、軒並み過去最高益が予想されている。直近発表された4〜9月の中間決算でも、その絶好調ぶりが際立った。

純利益で業界トップの三菱商事は、金属や自動車が牽引し純利益予想を6400億円と従来予想から400億円上方修正した。伊藤忠商事は出資する中国国有企業・CITIC(シティック)の株式を減損処理し、約1400億円の損失を計上したものの、今年度は期初時点より500億円上方修正し純利益5000億円を計画している。三井物産も、今年度純利益を4500億円と従来比で300億円引き上げ。住友商事や丸紅も総じて好調だ。

5社共通の成長エンジンとなっているのは資源価格の反発だ。銅や鉄鉱石、原油などの資源市況が急落した2年前は、三菱商事と三井物産が戦後初の連結赤字に転落した。しかしその後、資源価格は回復しており、総合商社は再びわが世の春を謳歌している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
進撃の商社
本誌初公開!
知名度は劣るがニッチ分野で存在感
匿名座談会|商社の「理想」と「現実」
ぶっちゃけ話を聞きました
就職人気ランキングで上位常連
画一的なキャリアはもう古い
»»PART2 変革を迫られる商社パーソン
アフリカと自動車を柱に唯一無二を標榜
食中心のバリューチェーンを構築中
「アカデミアの卒業生が脱商社の伝道師に」
大儲けより安定重視
「スタートアップとの化学反応が始まった」
YouTuberにも食指
「好業績のときほど足元を見直せと自戒」
リテールを持つ強み
「事業を創り積み上げる、それが物産の成長戦略」
「グループはいったん解体、社員に意識改革を迫る」
市況依存からの脱却が急務
»»PART1 進化する商社の稼ぐ力
絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内