有料会員限定

中堅社員が教えます! 今どき商社パーソンの働き方 画一的なキャリアはもう古い

印刷
A
A

入社時に配属された部門の「背番号」をつけられ、一生所属が変わらない。そのような総合商社特有のたこつぼ文化の下で育つと、ほかの事業部門のことは、ほとんど別会社のように思えてしまう。

それが商社パーソンのこれまでの職業人生だった。だが従来画一的だった商社パーソンのキャリアや働き方は、足元で大きく変わろうとしている。

(撮影:風間仁一郎)

特集「進撃の商社」の他の記事を読む

岡村裕子さん(35)は2005年に慶応義塾大学環境情報学部を卒業し、三井物産に入社した。そこから13年超のキャリアをたどると、一見脈絡がないように思える。

入社した後に配属されたのは生活産業に関連した部門だった。アニメ映画への出資やカードゲームの企画販売などメディア関連の事業にかかわった後、子会社の三井情報の管理・支援などを行う情報産業関連の部門へ異動。そして現在、所属するのはメタノールやアンモニアなどの化学品を扱う部門だ。

修業生としてロシアへ 帰国後は別部門に

理由は組織変更によるものだけでなく、同社特有の「海外修業生制度」にもある。これは英語圏以外の外国に最長で2年間滞在し、語学と文化を身に付けさせる制度だ。最初の半年から1年間は大学などで語学力を磨き、その後に現地の支店などで実務に学ぶことによって知見をさらに深める。応募資格があるのは入社2年目から6年目の社員。上司の指示ではなく自らの意思で立候補する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
進撃の商社
本誌初公開!
知名度は劣るがニッチ分野で存在感
匿名座談会|商社の「理想」と「現実」
ぶっちゃけ話を聞きました
就職人気ランキングで上位常連
画一的なキャリアはもう古い
»»PART2 変革を迫られる商社パーソン
アフリカと自動車を柱に唯一無二を標榜
食中心のバリューチェーンを構築中
「アカデミアの卒業生が脱商社の伝道師に」
大儲けより安定重視
「スタートアップとの化学反応が始まった」
YouTuberにも食指
「好業績のときほど足元を見直せと自戒」
リテールを持つ強み
「事業を創り積み上げる、それが物産の成長戦略」
「グループはいったん解体、社員に意識改革を迫る」
市況依存からの脱却が急務
»»PART1 進化する商社の稼ぐ力
絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内