有料会員限定

3年目の垣内社長が大ナタ 三菱商事揺るがす抜本改革 »»PART1 進化する商社の稼ぐ力

印刷
A
A
ヤンゴン中央駅近くの大規模再開発事業。ここで得たノウハウを複合都市開発に生かす

特集「進撃の商社」の他の記事を読む

11月2日に都内で開かれた三菱商事の2018年9月中間決算会見。中間決算時はCFO(最高財務責任者)に説明を任せる垣内威彦社長であるが、珍しく自ら会場へと赴いた。目的は新たな中期経営戦略の発表にあった。

19年度から開始する中期経営戦略では、21年度の純利益目標を9000億円と定めた。今18年度も過去最高となる6400億円の純利益を見込むが、そこからさらに2600億円も伸ばす計画だ。

三菱商事の強みは資源・非資源ともに盤石な総合力。子会社のコンビニ「ローソン」、持ち分法適用会社の伊藤ハム米久ホールディングスなど、グループ企業には一般消費者にとって身近な企業も多い。ただ最近は市況の追い風もあって、豪州の原料炭事業が巨額の利益を生み出していた。

市況に業績が左右されにくい機械や生活産業などの「事業系」を成長させることで、純利益9000億円の達成を目指す。会社側は、M&A(合併・買収)などを行わなくても「既存事業の延長で達成は可能」だと強調する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
進撃の商社
本誌初公開!
知名度は劣るがニッチ分野で存在感
匿名座談会|商社の「理想」と「現実」
ぶっちゃけ話を聞きました
就職人気ランキングで上位常連
画一的なキャリアはもう古い
»»PART2 変革を迫られる商社パーソン
アフリカと自動車を柱に唯一無二を標榜
食中心のバリューチェーンを構築中
「アカデミアの卒業生が脱商社の伝道師に」
大儲けより安定重視
「スタートアップとの化学反応が始まった」
YouTuberにも食指
「好業績のときほど足元を見直せと自戒」
リテールを持つ強み
「事業を創り積み上げる、それが物産の成長戦略」
「グループはいったん解体、社員に意識改革を迫る」
市況依存からの脱却が急務
»»PART1 進化する商社の稼ぐ力
絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内