有料会員限定

財務の強化が最優先 得意の電力を磨く丸紅 大儲けより安定重視

印刷
A
A
UAEのスワイハン太陽光発電プロジェクトは世界最大級

特集「進撃の商社」の他の記事を読む

総合商社で5位のポジションが定着している丸紅。かつては三菱商事、三井物産と並び「スリーエム」と称される実力を誇った時代もあった。だが、1990年代に積み上がった不良資産の処理が遅れたことから、収益力でも財務でも上位商社に大きく水をあけられてしまった。

もともと弱かった財務基盤に追い打ちをかけたのが、2012年に行った米国の穀物大手ガビロンの買収だ。36億ドルもの巨額投資を行ったが、見込んでいた自社穀物事業との相乗効果も振るわず、430億円もの減損損失を出すことになった。

丸紅は中期経営計画で、ネット有利子負債倍率を1.04倍(17年度末)から20年度末に0.8倍程度に改善する目標を掲げている。当初は16年度から18年度までに1兆円の新規投融資を行うとしていたが、財務基盤の強化を最優先するために、17年5月にその金額を4000億~5000億円に引き下げた。

國分文也社長は「うちは財務的にも劣後していることは明らか。いまだにハイレバレッジだと世間で思われている。(財務改善の取り組みについて)手を緩めるつもりはない」と語る。そのため、上位グループに比べ「攻め」の投資をしにくいという事情がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
進撃の商社
本誌初公開!
知名度は劣るがニッチ分野で存在感
匿名座談会|商社の「理想」と「現実」
ぶっちゃけ話を聞きました
就職人気ランキングで上位常連
画一的なキャリアはもう古い
»»PART2 変革を迫られる商社パーソン
アフリカと自動車を柱に唯一無二を標榜
食中心のバリューチェーンを構築中
「アカデミアの卒業生が脱商社の伝道師に」
大儲けより安定重視
「スタートアップとの化学反応が始まった」
YouTuberにも食指
「好業績のときほど足元を見直せと自戒」
リテールを持つ強み
「事業を創り積み上げる、それが物産の成長戦略」
「グループはいったん解体、社員に意識改革を迫る」
市況依存からの脱却が急務
»»PART1 進化する商社の稼ぐ力
絶好調の巨人商社 秘めたる野望は純利益1兆円
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内