有料会員限定

伸びる企業4 重厚長大企業の復活 東海カーボン/昭和電工/王子ホールディングス/協和エクシオ

印刷
A
A

地味で重厚長大だけど利益が増えている。オールド企業の変身。

東海カーボン|黒鉛電極が稼ぎ頭に 買収戦略も着実に効果

タイヤ用の補強材などに使われるカーボンブラック(炭素主体の微粒子)で国内首位の東海カーボンの業績が一変している。2018年12月期の営業利益は740億円の見通しで、16年12月期11億円(最終損益は79億円の赤字)からわずか2年で急増する。牽引するのはカーボンブラックではなく黒鉛電極だ。

黒鉛電極は電気炉を使った製鉄で鉄スクラップを溶かす役割を担う。これまで黒鉛電極は供給能力が過剰で、市況が低迷していた。しかし、黒鉛電極の原料(ニードルコークス)が、電気自動車向けのリチウムイオン電池用負極材に使われるようになり、需要が急拡大。また、中国では環境規制の強化によって電炉による製鉄が増えており、ここでも市況改善の追い風が吹く。

今年7月、黒鉛電極の標準品の価格を1トン当たり約1万2000ドルに引き上げた。これは前年同期の4倍の水準。今期は黒鉛電極の売上高が通期で1000億円を超し、全体の半分近くを占める見通しだ。昨年はドイツの黒鉛電極メーカーSGLの米国子会社を134億円で買収し、黒鉛電極の生産能力で世界4位になった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業の秘密
低PBR/低PER/好業績・高配当利回り/最高益・高ROE
中小型株の出番が来た これから狙える期待銘柄
値動きのよさが個人投資家向き
著名ファンドマネジャー・藤野英人氏が狙う株
優良銘柄でポートフォリオ
達人が指南
完全読破を四半世紀
Interview|【強気】若生寿一/【弱気】大川智宏
»»PART2 日本株の復調は本物か
東海カーボン/昭和電工/王子ホールディングス/協和エクシオ
朝日インテック/メニコン/UUUM/MTG/ダイフク
主要業種の産業天気図
ピジョン/キッコーマン/ミネベアミツミ/SUMCO
日清製粉G本社/パーク24/アークランドサービスHD/PALTAC
»»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内