有料会員限定

株高の原動力! 絶好調企業の秘密 »»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業

印刷
A
A

日本株が動きだした。これには日本企業の業績回復という裏付けがある。今後の株式相場と企業業績を展望する。

本誌:長谷川 隆、福田恵介、常盤有未/データ編集:久野貴也

週刊東洋経済 2018年10/20号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「絶好調企業の秘密」の他の記事を読む

»»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業

今期6.9%の利益成長 減速ながら19年度も続伸

9月以降、急伸した日本株。アベノミクス相場の再来かと、いったん日本株を手放していた海外勢も再び動向を気にするようになっている。SMBC日興証券の圷(あくつ)正嗣チーフ株式ストラテジストの元にはこのところ、外国人投資家からの問い合わせが相次いでいる。

「外国人投資家は半信半疑ながら、日本株を持たざるリスクを意識し始めている。ただし浮かれているようでいて、脇は固めている。業績の裏付けがある会社の株価が上昇しており、しっかり選別しているようだ」(圷氏)。これまで日本株を売り越してきた外国人投資家も、日本企業の収益力をあらためて見直し始めている。

企業収益は堅調 多くの業種で増益

小社刊『会社四季報2018年4集 秋号』によると、金融を除く全産業の営業利益は2018年度、6.9%の増益が予想されている。金融を除く29業種のうち、全体の8割に当たる23業種が18年度は増益を見込んでいる。減速ながら19年度も5.7%の増益が見込まれている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業の秘密
低PBR/低PER/好業績・高配当利回り/最高益・高ROE
中小型株の出番が来た これから狙える期待銘柄
値動きのよさが個人投資家向き
著名ファンドマネジャー・藤野英人氏が狙う株
優良銘柄でポートフォリオ
達人が指南
完全読破を四半世紀
Interview|【強気】若生寿一/【弱気】大川智宏
»»PART2 日本株の復調は本物か
東海カーボン/昭和電工/王子ホールディングス/協和エクシオ
朝日インテック/メニコン/UUUM/MTG/ダイフク
主要業種の産業天気図
ピジョン/キッコーマン/ミネベアミツミ/SUMCO
日清製粉G本社/パーク24/アークランドサービスHD/PALTAC
»»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内