有料会員限定

『会社四季報』で発掘! 出遅れ銘柄を探せ200 低PBR/低PER/好業績・高配当利回り/最高益・高ROE

印刷
A
A

『会社四季報』の最新予想を使い、銘柄選定の手助けとなりそうなテーマを四つに絞り、ランキングを掲載した。

会社四季報 2018年4集秋号(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

まず、PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)が低い銘柄でランキングを作成した。

PERとは、株価を1株当たり利益で割ったもの。株価が1株当たり純利益の何倍の値段になっているかを示している。

PERは数字が大きいほど株価が割高であることを示すが、あくまでも相対的なもので、PERが何倍なら割安(あるいは割高)、とは一概にはいえない。

PERは一般的には、市場平均との比較や、その銘柄の過去のレンジ、あるいは同業他社との比較で判断する。また、利益成長が高いと、将来の利益への期待からPERが高くなることが多い。

PBRは、株価を1株当たり純資産で割ったもの。株価が1株当たり純資産の何倍の値段になっているかを示している。すなわち現在の株価が、企業の資産価値(解散価値)に対して、割安か割高かを示す目安になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業の秘密
低PBR/低PER/好業績・高配当利回り/最高益・高ROE
中小型株の出番が来た これから狙える期待銘柄
値動きのよさが個人投資家向き
著名ファンドマネジャー・藤野英人氏が狙う株
優良銘柄でポートフォリオ
達人が指南
完全読破を四半世紀
Interview|【強気】若生寿一/【弱気】大川智宏
»»PART2 日本株の復調は本物か
東海カーボン/昭和電工/王子ホールディングス/協和エクシオ
朝日インテック/メニコン/UUUM/MTG/ダイフク
主要業種の産業天気図
ピジョン/キッコーマン/ミネベアミツミ/SUMCO
日清製粉G本社/パーク24/アークランドサービスHD/PALTAC
»»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内