中小型株の出番が来た これから狙える期待銘柄 値動きのよさが個人投資家向き

印刷
A
A
(Sergey Nivens / PIXTA)

特集「絶好調企業の秘密」の他の記事を読む

9月に入り急伸した日本の株式市場。日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)とも大きな伸びを示している。他方で、中小型株(おおむね時価総額1000億円以下。新興株と重なる)を代表する指数である日経ジャスダック平均株価や東証マザーズ指数は、TOPIXを下回っており出遅れ感が否めない。値動きのよい中小型株を好む個人投資家は多く、その今後は気になるところだ。

中小型株にも資金が向かう

今年の動きを振り返ると、ジャスダックの堅調さと東証マザーズの不振が挙げられる。ジャスダックは、日本マクドナルドホールディングスや作業用衣料販売のワークマン、歯科用機器のナカニシなど時価総額の高い銘柄が業績好調を受けて値上がりし、TOPIXを超える結果になった。

一方で、マザーズ指数は今年1月の高値1367ポイントから8月の安値932ポイントまで約32%も下落した。これはマザーズの牽引役であったバイオ株の急落によるところが大きい。さらに新興株の値下がり時にしばしば見られる「セリングクライマックス」と呼ばれる、追い証(信用取引での担保の差し入れ)を回避するためのポジション(保有株)整理が長期間・断続的に行われた結果、売り圧力のほうが強かったためとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
絶好調企業の秘密
低PBR/低PER/好業績・高配当利回り/最高益・高ROE
中小型株の出番が来た これから狙える期待銘柄
値動きのよさが個人投資家向き
著名ファンドマネジャー・藤野英人氏が狙う株
優良銘柄でポートフォリオ
達人が指南
完全読破を四半世紀
Interview|【強気】若生寿一/【弱気】大川智宏
»»PART2 日本株の復調は本物か
東海カーボン/昭和電工/王子ホールディングス/協和エクシオ
朝日インテック/メニコン/UUUM/MTG/ダイフク
主要業種の産業天気図
ピジョン/キッコーマン/ミネベアミツミ/SUMCO
日清製粉G本社/パーク24/アークランドサービスHD/PALTAC
»»PART1 稼ぐ力をつけた日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内