LINE突然の社長交代、出澤COOが後任

来年3月、森川亮社長は退任へ

12月22日、韓国検索サイト大手ネイバー子会社LINE(東京都渋谷区)は、 来年3月下旬に開催する株主総会後の取締役会で、出澤剛・最高執行責任者(COO)が、社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。(撮影:尾形文繁)

[東京 22日 ロイター] - 韓国検索サイト大手ネイバー<035420.KS>子会社LINE(東京都渋谷区)は22日、 来年3月下旬に開催する株主総会後の取締役会で、出澤剛・最高執行責任者(COO)が、社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。森川亮・社長兼CEOは退任する。

2014年4月から、森川社長と出澤COOの代表取締役の2人体制をとってきたが、森川社長から、次期株主総会での任期満了をもって退任する意向が伝えられたという。

出澤氏は2014年1月からCOOを務め、同年4月に代表取締役COOに就任。LINEサービスなど事業全般の指揮を執ってきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT