有料会員限定

「直取引」拡大の衝撃 問われる出版社の選択

印刷
A
A

4月28日、アマゾン ジャパンが取引関係のある出版社に送ったある資料が業界で話題になっている。

「重要なお知らせ:商品調達および帳合取次との取引に関する変更について」──。アマゾンは今年6月末をもって、出版取次最大手である日本出版販売(日販)との一部取引を打ち切ることを決めた。取次とは出版業界における卸売業者のことで、資料にある帳合とは小売店と卸売業者の取引関係を指す。

アマゾン ジャパンが各出版社に配付した資料。取次最大手・日販との一部取引を打ち切ることを伝えた

特集「アマゾン膨張」の他の記事を読む

アマゾンから日販へ書籍を発注する際には、日販に在庫がある書籍をアマゾンが仕入れるケースと、日販に在庫がない書籍を日販がいったん出版社から取り寄せてアマゾンが仕入れるケースがある。前者は「スタンダード発注」、後者は「バックオーダー発注」と呼ばれている。今回、アマゾンが打ち切るのは後者のバックオーダー発注だ。

なぜアマゾンはバックオーダー発注をやめるのか。メディア事業本部統括事業本部長の村井良二氏は、「読者が本を読みたいタイミングでお届けするのがいちばん重要。日販には長期で売れるロングテール商材を中心に在庫を増やすほか、バックオーダーの納期短縮を求めてきたが、われわれが求める水準に達さなかった」と説明する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾン膨張
商流の掌握で自由自在
アリババとの頂上決戦
アジア市場でしのぎを削る
家庭への進出はアマゾンが先行
音声認識端末が大ヒット
「非プライム会員はありえない選択だ」
新社屋「THE SPHERES」は完成間近
▶︎▶︎Part3 米アマゾン最前線
本誌アンケートでわかった!
大手企業が続々採用
消費を刺激するアマゾンデバイス
リアルの買い物からデジタルまで
オリジナル作品に自信
展示会の冠スポンサーに
社員増やし「プライム」を強化する
▶▶Part2 止まらない独走
ネット拡大戦略が不発
最安値要請で公取が調査
元アマゾン社員座談会
日販 vs. アマゾン
問われる出版社の選択
▶▶Part1 土俵際の日本企業
アマゾン膨張
追い詰められる日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内