アリババとの頂上決戦 アジア市場でしのぎを削る

印刷
A
A
「2036年までに20億人のユーザー獲得を目指す」と本誌の取材に語る、アリババグループ・ホールディングCEOの張勇氏(撮影:梅谷秀司)

特集「アマゾン膨張」の他の記事を読む

世界のEC市場における2大巨頭といえば、アマゾンと中国のEC業界最大手であるアリババグループ・ホールディング(以下、アリババ)だ。

アリババの売上高は、2017年3月期1582億元(約2.5兆円)。アマゾンの約15兆円には遠く及ばないが、これはビジネスモデルの違いに起因する。アリババは商品を販売する出店者や個人から手数料を取る「マーケットプレイス型」。一方のアマゾンは自前で仕入れて販売する「直販型」が売り上げの大部分を占める。アリババもマーケットプレイス上での流通総額で見れば、約61兆円とアマゾンをはるかに上回る。年間利用者はアリババのほうが多い。

6月8日に開いた投資家向け説明会では、アリババが強気の計画を打ち出した。「18年3月期の売上高は前期比45~49%増になる。われわれは売上高の成長スピードをもっと加速させていく」(武衛〈マギー・ウー〉CFO)。この発言を受けて、同社の株価は急伸。アリババ株を約3割保有するソフトバンクグループの株価もこれに大きく反応した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
アマゾン膨張
商流の掌握で自由自在
アリババとの頂上決戦
アジア市場でしのぎを削る
家庭への進出はアマゾンが先行
音声認識端末が大ヒット
「非プライム会員はありえない選択だ」
新社屋「THE SPHERES」は完成間近
▶︎▶︎Part3 米アマゾン最前線
本誌アンケートでわかった!
大手企業が続々採用
消費を刺激するアマゾンデバイス
リアルの買い物からデジタルまで
オリジナル作品に自信
展示会の冠スポンサーに
社員増やし「プライム」を強化する
▶▶Part2 止まらない独走
ネット拡大戦略が不発
最安値要請で公取が調査
元アマゾン社員座談会
日販 vs. アマゾン
問われる出版社の選択
▶▶Part1 土俵際の日本企業
アマゾン膨張
追い詰められる日本企業
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内