有料会員限定

「まだアニメは産業じゃない」 [INTERVIEW]神山健治監督

印刷
A
A

神山健治氏が初監督した近未来SFのテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C.)』は、国内外で評価が高く、アニメ史に残る金字塔的作品だ。その名作から15年、神山氏が新たに手掛けた劇場アニメ『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』は、SF色やファンタジー色を抑えたロードムービー。アニメ制作の第一線に立ってきた神山氏が、新作に込めた思いと、そして業界へのいらだちを赤裸々に語る。

かみやま・けんじ / 1966年生まれ。背景美術からキャリアをスタートさせ、2002年に監督デビュー。原作・脚本も手掛ける。

特集「熱狂!アニメ経済圏」の他の記事を読む

──『ひるね姫』の主人公は、倉敷に住む普通の女子高生。従来の神山作品とは一線を画す設定です。

東日本大震災後、アニメの見られ方が百八十度変わった。震災以前は世界が終わる終末思想的で非現実な作品がよかった。実際にはそんな日は来ないとみんな思っていたから。だが震災以降は、変わらない日常こそがファンタジーになってしまった。今はこれまでなら企画が通らなかった青春ものなどが好まれる一方、SFや壮大なファンタジーはあまり求められなくなっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
熱狂!アニメ経済圏
何はともあれ劇場で体感しよう
2.5次元演劇の聖地を取得
「運営さん」に伝えたい!
小越勇輝、鈴木拡樹もここから
[INTERVIEW]鴻上尚史
▶▶Part2 2.5次元って何だ?
あなたはアムロ?それともシャア?
声優で食べていける人はごくわずか
鬼平がイケメンに生まれ変わる
ヒット作が高額とは限らない
教養としてのアニメ
「好き」が財布を開かせる
[INTERVIEW]クン・ガオ氏
契約金額は急騰したが
米国から逆上陸した業界の異端児
『ユーリ!!! on ICE』『おそ松さん』
[INTERVIEW]神山健治監督
スタジオジブリに久々の脚光
▶▶Part1 アニメ産業革命の旗手たち
第4次ブーム到来
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内