有料会員限定

僕も『ドラえもん』で挑戦してみたくなった [INTERVIEW]鴻上尚史

印刷
A
A

国民的アニメ『ドラえもん』が2.5次元に──。演出を手掛けるのは、日本を代表する劇作家・演出家の鴻上尚史氏だ。舞台版ドラえもん「のび太とアニマル惑星(プラネット)」が、3月末から9年ぶりに再演される。ドラえもんファンを自任する鴻上氏が語る、舞台化の醍醐味とは。

作家・演出家 鴻上尚史
こうかみ・しょうじ / 1958年生まれ。早稲田大学卒業。81年に劇団「第三舞台」を結成。現在はプロデュースユニット「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。日本劇作家協会会長。(撮影:大澤 誠)

特集「熱狂!アニメ経済圏」の他の記事を読む

──ドラえもんを選んだ理由は。

それはもちろん僕が、ドラえもんが大好きだったから。その一点です。藤子・F・不二雄プロさんも「鴻上さんがやりたいのでしたらどうぞ」と言ってくださり、分厚い企画書を持って何度も足を運ぶといったことはなかった。小道具や衣装の最終的なチェックはもちろんお願いしたが、とても自由にやらせてもらえた。

──そもそものきっかけは。

沖縄で開かれていた「国際児童・青少年演劇フェスティバルおきなわ」だった。国内外から児童演劇が集まるイベントで、僕はワークショップ担当として地元の若者に演技を何年か教えていた。しかし主催者側から「日本を代表する一員として何か作品を上演してくれないか」と言われ、国際的で、かつ子どもたちが喜ぶものって何かと考えたら、ドラえもんしかないと考えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
熱狂!アニメ経済圏
何はともあれ劇場で体感しよう
2.5次元演劇の聖地を取得
「運営さん」に伝えたい!
小越勇輝、鈴木拡樹もここから
[INTERVIEW]鴻上尚史
▶▶Part2 2.5次元って何だ?
あなたはアムロ?それともシャア?
声優で食べていける人はごくわずか
鬼平がイケメンに生まれ変わる
ヒット作が高額とは限らない
教養としてのアニメ
「好き」が財布を開かせる
[INTERVIEW]クン・ガオ氏
契約金額は急騰したが
米国から逆上陸した業界の異端児
『ユーリ!!! on ICE』『おそ松さん』
[INTERVIEW]神山健治監督
スタジオジブリに久々の脚光
▶▶Part1 アニメ産業革命の旗手たち
第4次ブーム到来
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内