有料会員限定

異次元ヒットの中の人が語るチャンスと危機感 ▶▶Part1 アニメ産業革命の旗手たち

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) アニメ市場が2兆円規模に膨らみ、外資が流れ込んでも、制作現場は一向に潤わない。低賃金と長時間労働がはびこっている

(2) 2016年に興行収入で国内アニメ歴代2位のヒットとなった『君の名は。』。制作会社の川口代表はその収益をまず人へ振り向ける

(3) 『ソードアート・オンライン』は今年2月の国内公開と同時に海外2000館で上映を実現。その海外営業には独自の考えがあった

 

ヒットが相次ぐのは、偶然ではない。ヒット作を仕掛けた2人のキーマンには、緻密な戦略と強烈な危機感があった。

コミックス・ウェーブ・フィルム 代表川口典孝
人を雇用し育てなければアニメ制作はダメになる

(撮影:梅谷秀司)

特集「熱狂!アニメ経済圏」の他の記事を読む

誰も予見できなかったマグナムショットである。新海誠監督の映画『君の名は。』は、公開から7カ月近く経った今もロングラン上映中で、興行収入は246億円に達した。この実績は国内のアニメ映画としては宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』に次ぐ2位(上表)。映画全体でも『千と千尋』『タイタニック』『アナと雪の女王』を追う歴代4位だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
熱狂!アニメ経済圏
何はともあれ劇場で体感しよう
2.5次元演劇の聖地を取得
「運営さん」に伝えたい!
小越勇輝、鈴木拡樹もここから
[INTERVIEW]鴻上尚史
▶▶Part2 2.5次元って何だ?
あなたはアムロ?それともシャア?
声優で食べていける人はごくわずか
鬼平がイケメンに生まれ変わる
ヒット作が高額とは限らない
教養としてのアニメ
「好き」が財布を開かせる
[INTERVIEW]クン・ガオ氏
契約金額は急騰したが
米国から逆上陸した業界の異端児
『ユーリ!!! on ICE』『おそ松さん』
[INTERVIEW]神山健治監督
スタジオジブリに久々の脚光
▶▶Part1 アニメ産業革命の旗手たち
第4次ブーム到来
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内