有料会員限定

長崎が地方銀行大再編の試金石 「メガ地銀」誕生に公取の難関

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) 17年4月に予定されていた、長崎県2位の親和銀行を傘下に持つふくおかFGと、同県首位の十八銀行の経営統合が半年延期された

(2) 延期の理由は、同県内の融資シェアが7割に及ぶことから、利用者の不利益を懸念する公正取引委員会の審査が完了していないためだ

(3) 両行の統合が認められれば他県でも同様の再編が起きやすくなるため、今後の地銀大再編を占ううえで最大の焦点となる

 

2016年2月、ふくおかFG柴戸社長(中央)と十八銀行森頭取(右)が華々しく経営統合を発表した(時事)

特集「大再編、金融庁、フィンテック」の他の記事を読む

雨の降る長崎。3月8日、金融庁による異例の説明会が開かれた。JR長崎駅近くにあるホテルの会場に姿を現したのは、西田直樹・金融庁監督局審議官。地域金融行政に長年携わってきた第一人者だ。その話に地元の事業者120人が聞き入った。金融機関の関係者は入ることを許されなかった。

会の後半、西田審議官は「(長崎県内のトップ地銀)十八銀行とふくおかフィナンシャルグループ(FG)の経営統合は、金融庁が強く働きかけたというような誤解の声が聞かれる。金融庁は銀行の自主的な経営判断を尊重しており、推進しているわけではない」と語った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内