有料会員限定

[INTERVIEW]安東泰志/新村健 元銀行マンのファンドトップに聞く

印刷
A
A

[INTERVIEW]ニューホライズンキャピタル会長兼社長 安東泰志

銀行と共通言語を持ちたい

あんどう・やすし / 1981年三菱銀行入行。2002年フェニックス・キャピタルを創業しCEOに。06年より現職。

特集「大再編、金融庁、フィンテック」の他の記事を読む

銀行とファンドの世界は、アナログとデジタルぐらい違う。たとえば、エンタープライズバリュー(企業価値)という言葉が銀行にはまったく通じない。ファンドの仕事は、事業性をきちんと評価して、キャッシュフローなどから企業価値を測り、それに基づいて実際に出資して支援するかどうかを判断するものだ。一方、銀行は貸し出しの何割を担保でカバーできているかという考え方だから、企業価値という言葉が頭にない。実際、私も銀行員時代はそうだった。

投資案件はさらに増える

われわれはこれまで複数の地方銀行から出向を受け入れている。銀行員は当初、企業の目利きがまったくできないが、1年でさまざまなノウハウを身につけて独り立ちできるようになる。

ファンドの視点を持った銀行員が銀行の経営幹部になっていけば、共通言語も増えるので銀行とも連携がしやすい。「企業価値はこのくらいだから、うちが資本をいくら入れて、銀行は追加でこれだけ貸し出しをすれば再建できますね」といった具合になる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内