有料会員限定

中国でもフィンテックの急伸 中国の銀行業界が身構える

印刷
A
A

中国にもフィンテックの波は押し寄せている。むしろそのスピードは日本より圧倒的に速い。その勢いに脅威を感じ、既存の金融機関は変革を迫られている。

2016年12月、銀行カード決済の最大手・中国銀聯は2次元バーコード決済に対応すると発表した。これまで自社が主導してきたNFC決済(Near Field Communicationの略、至近距離に対応した無線通信方式)と競合することを覚悟したうえでの決断だった。

背景には、モバイル決済で急伸しているフィンテックサービスの存在がある。アントフィナンシャル(以下アント)の「支付宝(アリペイ)」と、テンセントの「微信支付(ウィーチャットペイ)」だ。中国のインターネット人口は7億人を超えており、9割以上のユーザーがモバイルを経由してアクセスしている。スマートフォンを使いこなすデジタル世代が、消費の主役となりつつある。

14.5億人のユーザーがいるスマホ決済アプリ「アリペイ」は都市部で普及し始めている

特集「大再編、金融庁、フィンテック」の他の記事を読む

アリペイとウィーチャットペイはスーパーやコンビニ、ファストフード店から病院、タクシーの利用、街角の屋台まで、さまざまな生活シーンで利用されている。すでにモバイル決済市場は、アントとテンセントの2社が8割以上を占めている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内