有料会員限定

フィンテックでは自前主義から脱却 ▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック

印刷
A
A

[記事のポイント]

(1) 銀行にとって収益拡大の好機にも、迫り来る脅威にもなりうるフィンテックに注目が集まっている。関連ベンチャーへの投資もさかんだ

(2) 銀行がフィンテックベンチャーと協業を模索する一方、フィンテックベンチャー自身は事業領域をどんどん拡大している

(3) 3月に閣議決定された改正銀行法案では、「API解放の実質義務化」が盛り込まれた。銀行は自前主義からの脱却を迫られている

 

フィンテックに銀行は熱視線

地銀連合が主催するビジネスコンテストの開催説明会

特集「大再編、金融庁、フィンテック」の他の記事を読む

今年で6回目を迎えた電通国際情報サービス主催の「FIBC2017」

迫り来る脅威か、それとも収益拡大の好機か。勢いづくフィンテック(ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語)の潮流に、各銀行が熱い視線を注いでいる。

実際にフィンテックベンチャーに対する投資額は増加が著しい。日本での投資額は2016年に前年比約2.4倍の177億円となり、特に決済と資産運用分野の伸び率が大きかった(アクセンチュア調べ、1ドル=115円換算)。「グローバルな流れと同様、日本の金融機関でもフィンテックに対する投資機運が高まっている」と、アクセンチュア戦略コンサルティング本部の村上隆文マネジング・ディレクターは指摘する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内