有料会員限定

マイナス金利業績影響度ランキング マイナス金利継続ならどうなる?

印刷
A
A

現在の低金利環境が続くと地銀の収益はどうなるか。2017年中に複数回の利上げが見込まれる米国とは対照的に、日本が低金利環境から脱することを想定するのは難しい。日本銀行の黒田東彦総裁は18年4月に任期満了を迎える。次の総裁が誰であれ、現在の金融政策に一定の理解を示す人物が安倍晋三政権によって選任される可能性が高い。緩和的な金融環境が続くことはほぼ間違いないだろう。

それは一定の物価上昇が達成されるまで続き、仮に物価目標を達成しても、大量の国債買い入れを徐々に縮小するという次の関門がある。ここを抜ければ、ようやく低金利からの本格的な脱却が見えてくる。

金利上昇の時間軸を予測することは容易ではないが、仮に①東京オリンピックが行われる20年度まで、②次期日銀総裁が任期満了を迎える22年度まで、現在の低金利環境が続いた場合、地銀の収益がどう変化するかを編集部で試算した。

「低金利環境の継続」の前提として、日銀が行っているイールドカーブコントロール(長短金利の操作)の多少の上方シフトは考えられるが、マイナス金利の撤廃や、地銀の収益に大きな影響を及ぼす短期プライムレート(多くの住宅ローンや中小企業向け貸し出しで基準となる金利)の上昇は想定しにくいと考えた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内