有料会員限定

みずほ銀行が個人向け融資 ソフトバンクと二人三脚

印刷
A
A
佐藤康博・みずほフィナンシャルグループ社長(左)と孫正義・ソフトバンクグループ社長。トップダウンでフィンテック戦略を加速させる(撮影:大澤 誠)

特集「大再編、金融庁、フィンテック」の他の記事を読む

銀行とフィンテック企業との協業が進んでいる中、みずほ銀行が選んだ相手はソフトバンクだった。

2016年9月、みずほはソフトバンクとのフィンテックに関する合弁会社設立を発表した。みずほが金融以外の合弁会社を作るのはこれが初めて。折半出資だが、会計上はみずほの連結子会社となる。合弁会社の社名は「J.Score(ジェイ・スコア)」(以下、ジェイ社)で、17年度前半(17年4〜9月)にサービスを開始する。

新会社は個人向けに特化した融資を手掛ける。最大の特徴は、スマートフォンを用いた独自の審査モデル「スコア・レンディング」にある。専用アプリで属性に基づく事前の予備審査をし、「この金利でいくらまで貸せる」という結果(=スコア。下写真のスマホ画面の数字「915」がそれに当たる)が示される。

スマホの画面はイメージ

予備審査の結果を受けてスマホで融資を申し込むと、30分以内に銀行口座に振り込まれる。スマホで完結するので、新会社は無店舗営業。その分だけ既存の消費者金融よりも金利は低くする。みずほは15年3月からATMカードローンを始めている。スピードや利便性でそれを進化させたバージョンという位置づけだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大再編、金融庁、フィンテック
民間銀行が中抜きにされる
野口悠紀雄氏に聞くデジタル通貨の衝撃
中国の銀行業界が身構える
協業関係が一目でわかる!
ソフトバンクと二人三脚
住信SBIネット銀行 円山法昭社長に聞く
▶▶第Ⅲ章 敵か味方かフィンテック
見えざる序列で行われるOB人事
金融庁がにらみを利かす
積極姿勢に問われる節度
事業性評価、ベンチマーク…
元銀行マンのファンドトップに聞く
▶▶第Ⅱ章 迫り来る金融庁
銀行版・生涯給料ランキング
上位と下位で2倍の格差
キーマンに聞く「地銀の活路」1
キーマンに聞く「地銀の活路」3
キーマンに聞く「地銀の活路」2
キーマンに聞く「地銀の活路」4
トップも朝から取引先回り
「信用を失うことはしない」
「メガ地銀」誕生に公取の難関
マイナス金利継続ならどうなる?
非常識がまかり通る世界
▶▶第Ⅰ章 吹き荒れる大再編
大再編、金融庁、フィンテック
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内