有料会員限定

名門校トップ対決[地方編]地元評価は絶大 済々黌×熊本、松本深志×長野、高校閥の実態

印刷
A
A

初対面の相手に「出身校はどこか」と聞かれて、高校名を答える人は都心部ではまれだろう。だが地方では、難関大学への進学率が極めて高い公立トップ高校出身者が官公庁や銀行などの地元有力企業の上層部に多数いることから「高校閥」ができやすい素地がある。

熊本市の総鎮守といわれる藤崎八幡宮では毎年9月に秋季例大祭を行う。クライマックスは「飾り馬」を奉納する団体ごとの神幸行列。今年は熊本地震の影響で参加団体が35とほぼ半減する中、勢子(行列参加人)数400と最大規模を誇る熊本高校(熊高)の同窓会と、勢子数300の済々黌(せいせいこう)高校の同窓会が圧倒的な存在感を放っていた。

写真左:秋季例大祭での済々黌の飾り馬と行列。スクールカラーの黄色が目立つ。熊高の同窓会に負けまいと、市内を練り歩く
写真右:9月の第3月曜日を最終日とする5日間に行われる、藤崎八幡宮の秋季例大祭の行列と飾り馬。熊高の同窓会「江原(こうげん)会」は常連だ

特集「高校力 公立の逆襲」の他の記事を読む

熊高の祭りにかける意気込みはものすごい。38歳になる学年を幹事として実行委員会を立ち上げ、1月から準備を行う。「熊高出身の同僚は幹事年に、仕事をおろそかにするなと社長から怒られていた」(地元企業社員)というほどの力の入れようだ。加えて51歳になる学年は同窓会総会の幹事となる。この38歳と51歳の幹事年を軸に同窓生の強固なネットワークが築かれていく。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
高校力 公立の逆襲
北大にこだわる北高だが、道外は札幌南が圧倒
早くも迷走ぎみ、2020年度大学入試改革
済々黌×熊本、松本深志×長野、高校閥の実態
「人脈」という財産作りでは大学より高校
東海×旭丘×岡崎、人材輩出力はいずれも一級
議員、知事、トップ官僚、出身高校ランキング
修猷館×筑紫丘×福岡、名門校の熾烈な争い
大学が二流でも、名門高校なら底力がある証左
東の神奈川・慶応義塾、西の福岡・修猷館
驚異の人材輩出力、甲府一高出身の社長対談
東大合格者数で首位陥落、浦和は小学生に照準
劇作家の平田オリザ氏が語る公立高校の盲点
大阪は橋下徹前府知事の改革で優勝劣敗鮮明に
帝大に強い公立トップ校、医学部は私立が独占
断トツ人気の横浜翠嵐、文武両道の湘南
「日比谷潰し」から、都立高校改革で復活
大学より濃い高校の校風と人脈を徹底調査
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内