有料会員限定

北野高校突出の裏で選別が進む大阪府立高 大阪は橋下徹前府知事の改革で優勝劣敗鮮明に

印刷
A
A

[ポイント1]
3年連続定員割れの高校は再整備の対象――。橋下徹・前府知事が推進した教育改革による統廃合がいよいよ具体化する。

[ポイント2]
学区制撤廃により上位校へ人気が集中するようになり、北野高校、天王寺高校などエリート校には追い風が吹く。

[ポイント3]
他方、成績下位の高校は地盤沈下が止まらない。少子化で生徒数が減少する中、府立校の優勝劣敗が鮮明化している。

 

少子化の波は競争力のない高校を容赦なく淘汰していく。公立高校であっても、それは変わらない。トップ高校への人気が集中する一方で、成績下位の高校の地盤沈下が止まらない。

3年連続定員割れの高校を再編整備の対象とする──。橋下徹・前大阪府知事が推進した教育改革。その象徴ともなった府立高校統廃合の具体案が今年9月に固まった。

学区撤廃や私立高校の無償化などを推進した橋下氏(撮影:梅谷秀司)

特集「高校力 公立の逆襲」の他の記事を読む

再編整備の対象となるのは大正高校と西淀川高校、能勢高校の3校だ。

3年連続で定員割れとなった大正は2018年に泉尾高校と統合される。大正は大阪市内の生徒急増に対応するため1978年に設立されたが、徒歩7分の所に泉尾、徒歩5分の所に泉尾工業高校が立地する高校密集地に位置している。統合先の泉尾もこの2年は定員に達していないことから、改善は見込めないと判断された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
高校力 公立の逆襲
北大にこだわる北高だが、道外は札幌南が圧倒
早くも迷走ぎみ、2020年度大学入試改革
済々黌×熊本、松本深志×長野、高校閥の実態
「人脈」という財産作りでは大学より高校
東海×旭丘×岡崎、人材輩出力はいずれも一級
議員、知事、トップ官僚、出身高校ランキング
修猷館×筑紫丘×福岡、名門校の熾烈な争い
大学が二流でも、名門高校なら底力がある証左
東の神奈川・慶応義塾、西の福岡・修猷館
驚異の人材輩出力、甲府一高出身の社長対談
東大合格者数で首位陥落、浦和は小学生に照準
劇作家の平田オリザ氏が語る公立高校の盲点
大阪は橋下徹前府知事の改革で優勝劣敗鮮明に
帝大に強い公立トップ校、医学部は私立が独占
断トツ人気の横浜翠嵐、文武両道の湘南
「日比谷潰し」から、都立高校改革で復活
大学より濃い高校の校風と人脈を徹底調査
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内