フィットネス大再編、「お得意様」はシニア  

日テレのティップネス買収の次はどこか

セントラルスポーツでは高齢者向けに介護予防運動指導などを行っている

 2014年12月下旬、日本テレビホールディングスがサントリー子会社の「ティップネス」を買収する。2013年7月、明治スポーツプラザがセントラルスポーツに買収されて以降、これでフィットネスの再編は4件目だ。少子高齢化の中、若年会員数が伸び悩み、成熟産業ともいわれるフィットネス業界。なぜ活発なM&A(合併・買収)が起きているのだろうか。

「第2四半期も順調。計画以上の達成ができた」

11月に行われた決算説明会で、東祥の沓名(くつな)俊裕社長は胸を張った。東祥は「ホリデイスポーツクラブ」を全国展開する中堅。前2014年3月期のフィットネス事業は、売上高122億円と業界9位ながら、営業利益は37億円とトップだった。駅前立地の多い同業に比べ、住宅地に近い“生活立地”に出店を進めてきたのが、成長の秘訣といえる。2015年3月期も売上高、営業利益で過去最高の更新を見込む。

ただフィットネス業界で東祥のような例はまれだ。

首位コナミが行った改革

首位のコナミスポーツ&ライフは2001年、コナミがマイカルから買収したピープルが前身。2003年3年期には、のれんなどの減損475億円を計上したため、コナミの連結決算も赤字に陥った。

健康サービス部門の業績を見ると、ピークは売上高が2009年3月期の899億円、営業利益は2007年3月期の75億円となっている。

巻き返しに向けコナミスポーツは頻度別会費を昨年導入。フィットネスは通常、月に何回通っても会費は同じ。多忙で頻繁に通えない若年層には「払うカネにバリューを感じられない」(同社)。それを月2回利用で3100円~、回数制限なしで8940円~(税抜き、施設カテゴリーにより金額に幅がある)などと、変更したのだ。一時的な単価減で前期は営業赤字だったが、若年層を軸に新規入会が増えているという。

業界2位のセントラルスポーツは、売上高では前期が過去最高だが、営業利益は2006年3月期の29億円がピーク。3位のルネサンスも売上高は前期、営業利益は2006年3月期の25億円が頂点だった。「大きく動いたのは08年のリーマンショック後。子ども向けスクールは底堅かったが、大人の会員はジワジワ減った」(セントラルの松田友治執行役員)。

次ページ現役世代の退会続く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT