有料会員限定

異次元の領域「アマゾン」は止まらない ▶▶Part2 膨張するネット通販

印刷
A
A
アマゾンの「川崎フルフィルメントセンター」には昨年8月、作業を超効率化する“秘密兵器”が導入された(撮影:尾形文繁)

特集「物流が壊れる」の他の記事を読む

アマゾン ダッシュボタン
ボタンをポチッと押すだけで注文完了

トイレットペーパーや飲料水など日常的に消費するものの備蓄が少なくなったら、ボタンを押すだけ。買い忘れを防ぐ

「ポチッ」とボタンを押すだけで注文が完了し、すぐに商品が届く──。国内でインターネット通販(EC)の競争がますます激化する中、世界でトップを行く米アマゾンは、“異次元”の会員向けサービスを生み出している。

同社が2016年末に日本での販売を開始した「アマゾン ダッシュボタン」は、約40ブランド(約700種類)の食品や日用品を対象にした手のひら大の注文専用ボタンだ。各商品のロゴが印字され、壁やタイルに張り付けたり、フックに引っ掛けたりできる。

「必要なときに生活必需品がなかったという嫌な経験は誰にでもあるはず。ダッシュボタンは、このようなことをなくすために生まれた」。米アマゾンで同事業を統括するダニエル・ラウシュ担当ディレクターは、サービスの狙いをそう語る。

ボタンは無線LANに接続して使用する。アマゾンのショッピングアプリからボタンの注文内容を設定し、あとは備蓄が少なくなったときに押すだけ。スマートフォンやPCでサイトにアクセスしなくても買い物でき、早ければその日のうちに商品が届く。シャンプーや洗剤、紙おむつ、飲料水など消耗品の購入に重宝されているようだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流が壊れる
首都圏はセーフでも近畿圏はアウト?
物流業界の変化を陰で支える黒子
日立物流の拠点では生産性が2.5倍に
物流改革プロジェクトで配送時間短縮…
キリンとアサヒも「無益な消耗戦しない」
スマホで運送業者を手配「ハコベル」
▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死
最先端技術の巨額投資が水の泡に
即時配送「マジカ プライム ナウ」
家電だけじゃない、躍進するヨドバシ
最短2時間30分「ヨドバシエクストリーム」
現地ルポ・米国アマゾン最前線
あの会社が日本で「出前」を開始
▶▶Part2 膨張するネット通販
ビルができてからではもう遅い
シェアよりも採算重視で値上げ進める
アマゾンの配送でシェア拡大
モンスター化する客に辟易
再配達を減らせ! ヤマト必死の効率化
宅配ロッカー、LINEなどあの手この手
▶▶Part1 苦しむ宅配業者
物流が壊れる
アマゾンの大奔流にヤマトも悲鳴
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内