有料会員限定

次は3つの「実店舗」、すごみ増す成長戦略 現地ルポ・米国アマゾン最前線

印刷
A
A

1月末の午後5時、筆者はサンフランシスコ発のヴァージンエアでシアトルに到着した。シアトルは米アマゾンの本拠地だ。暗闇の中、「amazon」の大きなロゴマークが光る物流センターをレンタカーで横切り、本社に近い中心街のホテルにチェックインした。昨年9月、筆者は『アマゾンと物流大戦争』(NHK出版新書)を執筆したが、そのときからさらに違う姿に変化してきており、最新の状況を確かめるために渡米したのだ。

売り上げの拡大が続くアマゾンだが、シアトルでは同社の成長を担う戦略を見ることができる。それが三つの「実店舗」だ。

まずはいちばん見たかった場所を訪れた。一つ目の実店舗である「アマゾングローサリーピックアップ」、いわゆる食料雑貨の受け取り拠点だ。この業態はアマゾンの従業員を含めてほとんどの人が知らないだろう。それもそのはず。まだ開業していないのである。

ここを見たかった理由は一つ。アマゾンにとって、インターネット小売業と実店舗を持つ小売業の壁が完全に消えるマイルストーンになることだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流が壊れる
首都圏はセーフでも近畿圏はアウト?
物流業界の変化を陰で支える黒子
日立物流の拠点では生産性が2.5倍に
物流改革プロジェクトで配送時間短縮…
キリンとアサヒも「無益な消耗戦しない」
スマホで運送業者を手配「ハコベル」
▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死
最先端技術の巨額投資が水の泡に
即時配送「マジカ プライム ナウ」
家電だけじゃない、躍進するヨドバシ
最短2時間30分「ヨドバシエクストリーム」
現地ルポ・米国アマゾン最前線
あの会社が日本で「出前」を開始
▶▶Part2 膨張するネット通販
ビルができてからではもう遅い
シェアよりも採算重視で値上げ進める
アマゾンの配送でシェア拡大
モンスター化する客に辟易
再配達を減らせ! ヤマト必死の効率化
宅配ロッカー、LINEなどあの手この手
▶▶Part1 苦しむ宅配業者
物流が壊れる
アマゾンの大奔流にヤマトも悲鳴
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内