有料会員限定

長距離ドライバー枯渇で幹線輸送の危機 ▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死

印刷
A
A
長距離トラックドライバーは労働環境の厳しさから担い手不足が深刻だ(読売新聞 / アフロ)

特集「物流が壊れる」の他の記事を読む

「トラックドライバーを辞めたいと思ったことはない。けれど、子どもがドライバーになりたいと言ったら反対する。一つ間違ったら命を落とす仕事。親心としては賛成できない」

鹿山静男さん(50・仮名)は29年にわたり幹線輸送を担っているベテランのトラックドライバーだ。幹線輸送は、東京や大阪、福岡、札幌など各区域内の拠点に集荷担当者が集めた荷物を車両総重量11トン以上の大型トラックに詰め込んで、別の区域の拠点に運ぶ役割を担う。

中部地区の拠点から静岡県中部への輸送ルートを担っている鹿山さんは、16時から荷詰め作業を行い、21時すぎに拠点を出発する。翌未明に目的の拠点に到着して荷物を下ろす。すべての業務を終えるのは3時半から4時ごろ。洗車や食事などを済ませて6時半に就寝する。次の仕事に備えて起床するのは15時前後だ。そして今度は中部地区向けの荷物を積み込み、前日に出発した拠点へと戻る。

昼夜逆転の生活で長時間労働、しかも2日に一度しか自宅には帰れないハードな仕事だが、「定期便のドライバーなので、ほぼ同じルート、同じ時刻で勤務できる。土日は家族と過ごせているのでまだマシだ」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
物流が壊れる
首都圏はセーフでも近畿圏はアウト?
物流業界の変化を陰で支える黒子
日立物流の拠点では生産性が2.5倍に
物流改革プロジェクトで配送時間短縮…
キリンとアサヒも「無益な消耗戦しない」
スマホで運送業者を手配「ハコベル」
▶▶Part3 崩壊回避へ企業も必死
最先端技術の巨額投資が水の泡に
即時配送「マジカ プライム ナウ」
家電だけじゃない、躍進するヨドバシ
最短2時間30分「ヨドバシエクストリーム」
現地ルポ・米国アマゾン最前線
あの会社が日本で「出前」を開始
▶▶Part2 膨張するネット通販
ビルができてからではもう遅い
シェアよりも採算重視で値上げ進める
アマゾンの配送でシェア拡大
モンスター化する客に辟易
再配達を減らせ! ヤマト必死の効率化
宅配ロッカー、LINEなどあの手この手
▶▶Part1 苦しむ宅配業者
物流が壊れる
アマゾンの大奔流にヤマトも悲鳴
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内